呪術廻戦

呪術廻戦206話ネタバレ最新話感想と考察!九十九由基が劣勢!天元の秘密を知る羂索!

呪術廻戦 ネタバレ 206話 最新 速報 確定 考察
Pocket

呪術廻戦206話ネタバレ最新話感想と考察!九十九由基が劣勢!天元の秘密を知る羂索!

この記事では、呪術廻戦206話の最新話考察と見どころをお届けいたします。

前回の呪術廻戦では、九十九由基と羂索の重力・質量のぶつけ合いの泥仕合が開戦!

次々と繰り出す九十九由基の式神や術式の強烈アタックに、羂索も領域展開を披露します。

思いがけないスピード展開に、思わず叫び出しそうになっちゃいました!

そして、最新の呪術廻戦206話では、羂索の領域展開に真っ向勝負し天元も領域展開を仕掛けてくるかもしれません!

天元が羂索に対抗する領域展開は、羂索の領域展開を超えるものであると予想します。

また、九十九由基が天元をバックアップする戦いも見どころ♪

でも、九十九由基が羂索にガチガチにやられてしまい血まみれの劣勢状態になってしまったら?

そして、まだ何かを抱えたままの天元の秘密を羂索が握っているなんてことも?

この記事では呪術廻戦206話のネタバレ確定最新話考察速報の他に、これまでの呪術廻戦の未回収考察や謎についても取り上げていきます。

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますので、ご注意ください。

次週は休載なので、呪術廻戦207話は12月19日(月)に掲載予定です。

また、呪術廻戦206話のネタバレ最新考察に関しては順次更新していきます!

というわけで呪術廻戦206話ネタバレ最新話感想と考察!九十九由基が劣勢!天元の秘密を知る羂索!と題しまして、呪術廻戦206の最新確定・考察・感想をお届けします。

呪術廻戦206話ネタバレ最新話の考察!

呪術廻戦206話の考察の前に、まずは前回のおさらいからしていきましょう♪

脹相の後を引き継ぎ羂索戦に臨んだ九十九由基。

自分のタイプの男ではない羂索に対して、攻撃もあたりも激しさを増していきます。

九十九由基が引き連れていたものは、自らの術式により呪具化した凰輪(ガルダ)と呼ばれる式神でした。

凰輪は、アルマジロのように硬く丸いボールとなり、九十九由基の見事なキックで羂索の巨大な特級呪霊にめり込み特級呪霊を内部から破壊します!

さらに、九十九由基は質量を付与していく「星の怒り(ボンバイエ)」を使用。

圧倒的な質量に羂索も投げ飛ばされてしまいます。

九十九由基の猛攻撃に余裕の笑みもその顔から消えていく羂索は、とうとう領域展開「胎蔵遍野」を発動しました。

これらを踏まえて、早速呪術廻戦206話ネタバレ最新考察をしていきましょう!

呪術廻戦最新話の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|天元の領域展開は羂索の領域展開超え?

羂索が領域展開を発動しました。

その名も「胎蔵遍野(たいぞうへんや)」。

領域展開そのものも、このネーミングの絶妙さも羂索らしさ満載で、羂索の心像風景を言い得てるなと納得です(^^♪

胎蔵とは仏教用語にも登場していて、胎児がお母さんのお腹の中で成長していく力とも言われています。

ここで、以前天元がどちらかというと女性であるという発言が思い出されませんか?

羂索の領域展開が胎児の成長を具現化したものだとしたら、天元はその胎児の母である母体を表現した領域展開で対抗するのではないでしょうか。

つまり、羂索の領域展開を上回るスケール、胎児を包み込む母体のような結界で羂索の領域を超え、さらに中和していくと考えられます。

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|凰輪が羂索の呪いに食らい付く?

九十九由基の呪具化した式神「凰輪(ガルダ)」は、硬い弾丸のように羂索の特級呪霊に食い込み内部から呪霊の肉体を破壊していました。

しかし、凰輪の戦闘能力はこんな単純攻撃だけではないでしょう(>_<)

「ガルダ」という呼び名には、インド神話や仏教由来など多くの説が見られました。

その中でも、ガルダと呼ばれる神様は、竜や相手の毒をも食べてしまう戦闘の神様として慕われています。

おそらく凰輪も、相手の毒や呪いを吸い尽くし、よりレベルアップした技を披露していくかもしれません。

九十九由基の凰輪を使った攻撃が羂索のゆがんだ呪いに食らい付き、羂索を制すことができるのか大いに注目です!

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|天元と九十九由基が羂索を救う?

まもなく羂索は天元に襲い掛かってくるでしょう。

その羂索を術を持って戦って止めるという行為は、九十九由基の嫌う対症療法の一つですよね。

九十九由基の目指したい所はそこではないはずだと思います。

たとえ羂索の肉体を滅ぼしたとしても、乗り換え方式の羂索にとってはあまり意味はありません。

1000年間の星漿体の声が聞こえる九十九由基には、1000年間の羂索の歪んでしまった原因に察しがついているのではないでしょうか。

九十九由基と天元でその羂索の心の歪みを取り除き、羂索の心を救うことこそが今できる原因療法であり、呪いのない世界を作りたいと願う九十九のやり方だと考えられます。

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|九十九由基の語り掛けで夏油傑が現れる?

星漿体である天内理子を守り切れなかった高専時代の夏油傑は、九十九由基と呪いの生まれない世界について語っていました。

九十九由基の語るおしゃべりは夏油傑の心にかなり響いていましたよね。

今、羂索にのっとられっぱなしの夏油傑の意志を、九十九由基との接触により羂索から引き摺り出すことは出来ないでしょうか。

以前、一瞬だけ、五条悟と羂索とのトークで夏油傑が現れた時がありました。

九十九由基の羂索への語り掛けにより夏油傑が出てきてくれること、そしてさらには、その夏油傑が羂索をコントロールしてくれることを期待します!

呪術廻戦206話ネタバレ考察|脹相が新術式を披露する?

脹相の赤血操術は攻守共に万能ですよね。

失血によるリスクもない脹相としては、百斂・穿血、超新星、赤鱗動躍等の術を最大限に活用して羂索の隙をつく攻撃を展開してくることでしょう。

でも、案外ここからは心理戦を活用した新術式を披露してくるかもしれません。

脹相の兄弟愛は、これまでもかなり私たちに多くの印象を残してきました。

兄弟限定とはいえ脹相の愛を込めた新術式が、羂索の異常な心も溶かしダメージを与える可能性もあるでしょう。

 

呪術廻戦206話ネタバレ確定の見どころ!

次に、最新の呪術廻戦206話で起こるであろうネタバレを考察してみましょう。

呪術廻戦206話の見どころや確定しそうな内容を紹介します。

過去のネタバレも含みますので、そのあたりはご了承ください。

では、最新の呪術廻戦206話の確定ネタバレの見どころを見ていきましょう!

 

呪術廻戦206話ネタバレ|見どころは劣勢の九十九由基!

対羂索戦に何かしらの作戦は立てていた九十九由基と天元。

しかし、常に予想を越えてくる羂索に、やられてしまう可能性も十分ありえます。

肉体戦では引けをとらない九十九由基でも、まさかの劣勢で大負傷なんてことも!

そうなったら九十九由基に勝ち目はあるのか心配ですね。

最近は九十九由基に頼りっぱなしなので、そこからの天元や腸相の活躍に期待する展開もありかもしれないですね!

 

呪術廻戦206話ネタバレ|「星の怒り(ボンバイエ)」の殺傷能力が見どころ!

九十九由基は世界に4人しかいない特級術師の1人なので、手加減しなければ相手を殺すどころか国家沈没すら可能でしょう。

歴代の星漿体の声が聞こえる九十九由基は、彼女たち星漿体のやるせない怒りの気持ちを誰よりも一番よく理解していると思います。

その怒りを質量へと変化させ相手にぶつけていくのが、星の怒りそのものと言えるでしょう。

ボンバイエ(相手を殺してしまえ!)の名の通り、歴代星漿体の怒りを含んだ術式の殺傷能力の高さはもはやレベチなのでは!と思われます。

恐るべし九十九由基、親友だったら最高だけど、絶対敵にはしたくないな~。

 

呪術廻戦206話ネタバレ|見どころは領域展開vs領域展開!

羂索の領域展開への対応策として、天元も領域展開することが今後の解決策としてベストなアイデアだと思います。

もしそうなってしまったら、領域展開と領域展開のぶつかり合いが見られますよね。

漏瑚と五条悟の領域展開のぶつかり合いの時は、圧倒的な五条悟の領域展開の力に漏瑚の領域展開は漏瑚本人も分らないうちに消されてしまっていました。

結界術では天元の上を行くものはいないという天元の領域展開の力。

羂索の領域展開vs天元の領域展開の行末に乞うご期待です!

 

呪術廻戦206話ネタバレ|裏梅やラルゥの援護射撃が見どころ!

海外まで羂索に付き従っていた裏梅は今どこにいるのでしょうか?

同じように、ラルゥの動きを気にしていた九十九由基。

ラルゥも九十九由基のためにどこかで援護するための準備をしていて、間もなく登場するのでしょうか?

もしこの2人がこのタイミングで参戦してきたら、強豪メンバーのぶつかり合いの豪華な戦闘シーンが描かれるでしょう。

羂索に裏梅が、九十九由基にラルゥが、双方の援護射撃の介入は間違いなく見どころの1つ!

いつだって私は彼らの出番に期待しています(^^)/

 

呪術廻戦206話ネタバレの感想!

羂索の忌々しさ全開の表情と九十九由基の苦虫をかみ潰したような顔が、たまらなくリアルでした。

さらに、戦闘場面の埃っぽさや、九十九由基が流した血の匂いが漂ってきそうで、寒々しい空気を感じます。

まして、一寸先の展開すら見えません!

天元と九十九由基の計画の誤算を、腸相の反撃で帳消しにしてもらえたらいいのになぁ。

質量、重力あふれる現場を、腸相の超新星でささっと洗い流してくれますよう願います。

続いては、SNSの声をまとめてみました!

 

呪術廻戦206話ネタバレに対するSNSの感想は?

腸相や九十九由基を称える温かい声が多く届いていました。

彼らの這い上がっていく根性や泥臭さに、読んでいる私たちの人生も励まされますよね!

読者である私たちの想いも、腸相の背中を押せていますように(*^^*)

 

呪術廻戦206話ネタバレまとめ

「呪術廻戦206話ネタバレ最新話感想と考察!九十九由基が劣勢!天元の秘密を知る羂索!」

前話では、九十九由基の新たな情報が盛りだくさんになりました。

術式により呪具化した式神「凰輪(ガルダ)」や自らに仮想質量を付与した「星の怒り(ボンバイエ)」。

これらの九十九由基の休みない攻撃により、羂索が少しずつ余裕のない表情になっていく様子も痛々しいくらい伝わってきました。

そして、羂索の領域展開の発動にかぶせて天元も姿を現します。

天元はたぶん、羂索の領域展開の上を行く領域展開を披露してくるでしょう。

でも、まだまだ不思議な存在の天元。

羂索が天元の誰にも知られてない秘密を知ってたりして?

さらに、九十九由基と羂索の戦いもますます白熱の予感!

羂索の攻撃で九十九由基が劣勢なんてことになってしまわないことを祈ります。

それにしても、タイプじゃない男には容赦ない九十九由基の行動は、異性はもちろん同性からも好かれますよね~!

というわけで、今回の「呪術廻戦206話ネタバレ最新話感想と考察!九十九由基が劣勢!天元の秘密を知る羂索!」はここまでとなります!

次週は休載なので、最新の呪術廻戦207話は12月19日(月)に掲載予定です。

日々、最新呪術廻戦ネタバレ確定・考察・感想を追記していきますのでお楽しみに♪