ワンピース

ワンピース1062話ネタバレ確定最新話考察速報!イム様はルフィ激似?虚の玉座にシャンクス弟が鎮座?

ワンピース 1062話 ネタバレ 考察 感想
Pocket

ワンピース1062話ネタバレ確定最新話考察速報!イム様はルフィ激似?虚の玉座にシャンクス弟が鎮座?

近頃のワンピースは、毎回衝撃的な内容すぎて心臓が持ちませんね~。

コビーも心配だし、麦わらの一味の前に登場したジュエリー・ボニーも気になる!

しかし、何といってもイム様がサボの口止めのためにルルシア島を破壊したシーンはヤバすぎましたよね。

そんなイム様の正体が実はルフィと外見がそっくりだったら、びっくりしませんか?

また、サボが目撃した「虚の玉座」にいた人物とは誰なのでしょうか?

いろんな可能性がありますが、今回はシャンクスの弟が虚の玉座に鎮座していると大胆考察してみましたよ~。

次週は休載なので最新のワンピース1062話は10月11日(火)に掲載予定です!

というわけで「ワンピース1062話ネタバレ確定最新話考察速報!イム様はルフィ激似?虚の玉座にシャンクス弟が鎮座?」と題しまして、ワンピースネタバレ1062話の最新確定・考察・感想をお届けします。

ワンピースの最新刊を無料で読む方法をご存じですか?

海賊版の違法サイトによる被害が相次いでいますが、安全な正規の電子書籍サイトを利用して無料で漫画を楽しむことができるんです。

それがU-NEXT

今ならU-NEXTで期間限定キャンペーンを開催中で、なんとワンピースの最新刊も無料で読むことができちゃうんです。

違法なサイトと正規のサイトの違いが分からず、ウイルスや詐欺の被害に遭うのを防ぐ為、以下に海賊版の違法サイトを載せておきます。

≫【2022年最新】海賊版サイト一覧

上のサイトは、利用者も法に触れる可能性があるばかりでなく、出版社や作家にも莫大な被害を及ぼしている違法なサイトなので絶対にアクセスしないでくださいね!

U-NEXTの31日間無料キャンペーン開催中に会員登録して、安心して漫画を楽しみましょう♪

 

Contents

ワンピース1062話ネタバレ最新話の考察!

さて、今回のワンピース最新1062話ではどうなるのでしょう?

きっと最新のワンピース1062話では、ジュエリー・ボニーと冒険することになりそうですね。

それとも、新たなキャラが登場するのかもしれませんよ!

まずは、ワンピース1062話ネタバレ最新考察をしていきましょう!

ONE PIECE(ワンピース)最新1062話の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|イム様はルフィとそっくり?

ルルシア島を破壊した政府の人物。

島を遠隔で、しかも一瞬で壊すなんてチートすぎる力ですよね。

ワンピース前話で、登場したあの人物が政府のトップであるような気がします。

政府の中でもっともヤバそうなキャラといえばイム様でしょう。

おそらくルルシア島を破壊したのもイム様だと思われます。

そんなイル様が一体どんな容姿なのか気になる方もいるはずです。

まだハッキリとした外見は明かされていませんが、もしかしたらイム様の容姿はルフィにそっくりなのかもしれません。

だから、サボはあれだけ驚き、ドラゴンに伝えようとしたと考えられます。

いつかイム様の正体が明らかになることを楽しみにしたいですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|虚の玉座に座っていたのはシャンクスの弟?

聖地マリージョアにあるパンゲア城というキーワードがワンピース前話で現れましたね。

パンゲア城には虚の玉座があり、そこには世界の王はいないとされていたようです。

しかし、サボは玉座に何かがあるのを目撃!

結局、何も分からないままルルシア島ごとなくなってしまいましたよね。

果たして、サボが見たのは何だったのか?

私の予想では、おそらく虚の玉座には誰かが君臨していたのでしょう。

その人物こそ、シャンクスの弟だったのかもしれません。

実はシャンクスには兄弟がいて、弟が世界の王を担っていたりして!

もっと深読みをすれば、ロジャーは偉大なる航路を制したとき、シャンクスになにを告げました。

それは虚の玉座にシャンクスの弟が鎮座していた事実を教えたのかもしれません。

だから、幼いシャンクスは大粒の涙を流したと仮定できませんか?

虚の玉座についても、まだまだ謎が多いので考察していきたいですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|政府に加盟したら巨大攻撃の対象になる?

サボの口止めをするために、島ごと潰した政府。

一撃で島を壊す巨大攻撃ができるなんて、さすが政府ですよね。

そんな政府がワンピース前話で引っかかる言葉を発していました。

サボが隠れていたことがルルシア島だと判明したとき、五老星は「運がなかった」と言って巨大攻撃をしましたよね。

つまり、破壊できる島と、そうでない島があると仮定できます。

その基準こそ、政府に加盟することなのかもしれません。

世界政府に加盟した国は緊急事態になれば巨大攻撃ができるようにマーキングをされているのではないでしょうか?

歴史が暴かれる心配がないときは、政府から守ってもらえるような取引が行われていたと思います。

破壊されたルルシア島が世界政府に加盟していたことは明らかです。

だからこそ、政府は巨大攻撃ができたと考えられます。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルフィの夢はみんなが自由に住める世界?

ワンピース前話で、ルフィが麦わらの一味たちに自分の夢を宣言しました。

結局どんな夢なのか不明でしたね。

いったいルフィの夢とはいったいなんなのか気になる人も多いでしょう。

私が思うに、ルフィの夢はみんなが自由に住める世界にすることではないでしょうか?

ルフィはこの世界で1番自由なのが海賊王であると以前話していました。

つまり、ルフィは自由を追い求めているわけです。

そんな自由を愛するルフィなら、自分だけでなくてみんなが自由になれる世界を望むのではないでしょうか?

種族も地位も全部超えた世界って素敵ですよね!

ルフィの望む世界が叶えられることを楽しみにしています。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|コビーは自ら進んで拉致された?

ワンピース前話のラストでは、コビーが拉致されたと報道されて世界中に衝撃が走りましたね。

ハンコックは黒ひげの魔の手から逃れられたようですが、代わりにコビーの生死が不明という心配な状況です。

いったいなぜコビーは拉致されたのでしょうか?

おそらく、コビーが拉致されたのはハンコックとアマゾンリリーを守るためだと思います。

コビーはハンコックがルフィのことを好きなのを知っているのでしょう。

また、黒ひげも欲しがったハンコックのメロメロの実の能力はなんとしてでも死守したかったはずです。

そこで、コビーは自ら進んで拉致されたのではないでしょうか?

コビーは自分を差し出す代わりに、黒ひげをアマゾンリリーから退けたのかもしれません。

ただ、黒ひげはなぜコビーを拉致したのかは、未だに不明です。

今はまだ生きてるでしょうが、長引けば命の保証はないでしょう。

早く、政府かルフィあたりがコビーを救出してくれることを願っています。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ハチノスに火ノ傷の男がいる?

コビーが英雄になり、黒ひげがボスに君臨したとされるロッキーポート事件。

事件の名前は度々出てきたものの、事件の詳細はまったくわかりません。

とはいえ、黒ひげが狙っていた島だけあって、ワンピースの秘密に迫る重要な場所なのは間違いないでしょう。

まず、ロッキーポート事件についてわかっていることをまとめてみました。

  • ロッキーポート事件は海賊島ハチノスで、麦わらの一味がバラバラになっていた2年の間に起こった
  • ローが海賊の心臓を100個奪って政府に差し出した
  • コビーは市民を守って英雄と呼ばれる
  • 黒ひげが元ロックス海賊団の船員だった王直を倒してボスになった

まだざっくりとした情報しかありませんが、重要なキャラがたくさん集まっているのはわかります。

つまり、ハチノスはワンピースに迫る重要な謎が隠されているに違いないでしょう。

そして、大きな謎といえば、キングが発言した火ノ傷の男。

この時、ローは黙っていましたが、何かを知っている様子でした。

これらの事実を踏まえると、もしかしたらハチノスに火ノ傷の男がいたのかもしれません。

ローはハチノスで火ノ傷の男と遭遇しており、ロッキーポート事件に関わっていたと考えられます。

もしかしたら、ロッキーポート事件の全容が分かった時に、火ノ傷の男が登場することを期待したいですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|王直の戦力を削いだのはロー?

ロッキーポート事件には、数多くのキャラが関わっていました。

その事件のボスだった元ロックス海賊団の船員だった王直が倒されたことが世界中をどよめかしたようですね。

王直を倒し、次のボスとなったのは黒ひげみたいですが、本当に黒ひげが正々堂々と戦ったのか怪しいものです。

おそらく、王直の戦力を削いだのはローだったのではないでしょうか?

ローは海賊100人の心臓を政府に渡して王下七武海になりました。

この海賊こそ、王直の部下たちだったと思われます。

ローが王直の部下100人の心臓を渡したからこそ、黒ひげが王直を倒せたのかもしれません。

もし、そうだとしたら黒ひげはやっぱり卑怯だなぁ。

どこかでローがロッキーポート事件について語ってほしいものです。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|黒ひげ海賊団は全員能力が2つ以上ある?

ハンコックの能力を奪いにやってきた黒ひげ。

現在黒ひげはヤミヤミの実とグラグラの実を2つ所有しています。

そもそも黒ひげがどうやって能力を奪っているのかも不明です。

しかし、今回の一件で能力を何度でも奪えるのは間違いないでしょう。

また、奪った能力はすべて黒ひげが使うのでしょうか?

このあたりも謎ですが、もしかしたら黒ひげは奪った能力を誰かに譲渡することができるのかもしれません。

もし、この考察が当たっていたとしたら黒ひげ海賊団は全員能力持ちの可能性があります。

もっと言えば、黒ひげのように2つ以上能力を持てるようになっていたりして!

もし、黒ひげ海賊団が全員能力を2つ以上得ていたとしたら恐ろしいですよね。

黒ひげの秘密が判明する日を心待ちにしましょう!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|サボはビビと行動している?

世界的大事件を起こした炎帝サボ。

くまは革命軍たちに引き渡したようですが、サボ自身はどこにいるのかわかりません。

また、コブラ殺害の容疑もかかっていて王女ビビも行方不明です。

真相は明らかになっていませんが、現在分かっている情報だけで考察すると、ビビはサボと共に行動している可能性が高いと思います。

おそらくコブラ王はビビを守るために犠牲になったのではないでしょうか?

ビビは何者かに襲われていたところを、コブラが身を挺して守り、サボがその瞬間を目撃したのかもしれません。

そして、コブラが命がけで守ったビビを、サボが引き継いで今に至ると推測します。

つまり、現在サボとビビは一緒に生き延びているはず!

サボとビビが世界の平和のカギを握っていると期待したいですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|クロス・ギルドVS赤犬が開戦される?

ワンピース前話では、クロス・ギルドがどのように結成されたのかが明らかになりました。

どうやらミホークもクロコダイルもターゲットを海軍にして、政府に対抗するつもりのようです。

海軍からすると、自分たちが標的になるなんて邪魔でしかないでしょう。

つまり、海軍にとってクロス・ギルドは真っ先に潰したい組織のはずです。

そこで、海軍のトップである赤犬サカヅキは、クロス・ギルドを潰すことを優先して作戦を立てているのかもしれません。

ということは、次の大きな戦いはクロス・ギルドVS赤犬軍団という可能性もあるのではないでしょうか?

クロス・ギルドのメンバーが海軍トップと戦ったら、どちらが勝つのか…。

私は、ぜひともクロス・ギルドが勝ってほしいところですが皆さんはどう思いますか?

クロス・ギルドVS赤犬なんて、考察するだけでワクワクしちゃいますね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|クロコダイルの目的はある国を滅ぼすこと?

クロコダイルがここにきて、また表舞台に現れましたね。

そもそも、バギーのところにやってきたのは貸した金を返してもらうことでした。

つまり、クロコダイルはまた新しい悪だくみをしているようです。

バギーを祭り上げて、裏でクロコダイルはなにをするつもりなのでしょうか?

おそらくクロコダイルはある国を滅ぼすために動いていると予想します。

アラバスタにいたのも、古代兵器プルトンが目的でした。

古代兵器が欲しかったのも、国を滅ぼすためだとしたら辻褄が合いますよね。

それに、クロコダイルは白ひげに敗けた過去もありました。

実は、2人の戦いはクロコダイルが滅ぼしたかった国で行われていて、結果的に白ひげが勝利し、目的が達成できなかったと思います。

今後もクロコダイルがどんな動きを見せるのか注目して読んでいきたいですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|くまはイワンコフに治療されて理性を取り戻す?

世界貴族から、なんとか救出されたバーソロミューくま。

革命軍のもとに戻ったのは良かったですが、すでに自我は失っているような悲惨な状況です。

このまま、くまが理性を失われたままなんて悲しすぎますよね。

きっと革命軍なら、バーソロミューくまを治療してくれるはずです!

では、どうやってくまを治療するのか…。

ここで活躍するのは、革命軍の幹部であるイワンコフではないでしょうか?

イワンコフはホルホルの実のホルモン人間です。

きっとインペルダウンでルフィに施したように、ホルモン注射をしてくまを治療してくれると思います。

すでにくまはサイボーグ化していますが、生身の部分も存在するはず!

くまも、ルフィのように奇跡の復活を遂げることを期待したいと思います。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|キッドが次に向かう島はハチノス?

ルフィの動向も気になりますが、ワノ国で一緒に共闘したキッドも忘れてはいけません。

キッドがワノ国の後に到着する島は、どこなのでしょうか?

まったく無名の島の可能性が高いですが、ワンピースの中で登場した島から予想すると、おそらくキッドの向かう島はハチノスだと思います。

ハチノスは通称「海賊島」と呼ばれており、海賊からすると楽園のような島なんだとか。

また、四皇に君臨した黒ひげが本拠地にしている島です。

もっと言えば、昔世界最強といわれていたロックス海賊団が結成された島でもあります。

そんなハチノスには、ワンピースにつながる秘密が隠されているに違いないでしょう。

もし、キッドがハチノスに上陸したら、黒ひげと対戦することもあり得たりして!

ハチノスには、調べたらまだまだ秘密がたくさん出てきそうでわくわくしますね。

そんな海賊にとって魅力的なハチノスにキッドがたどり着くことを楽しみにしましょう。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|夜明けとは世界の記憶が戻るとき?

カイドウを討伐し、ワノ国に平和が訪れて本当によかったですよね!

ただ、ワノ国編が終わったものの、結局「夜明け」については明かされないままでした。

つまり、ワノ国からカイドウを追い出すことが「夜明け」ではないということ。

では、おでんたちが言っていた夜明けとはどういう意味なのか気になりますよね。

筆者の予想では、夜明けとは世界中の人の記憶が戻ることなのかもしれません。

現在、世界には空白の100年以降、隠された秘密がたくさんちりばめられています。

その謎に触れようとするだけで政府は重罰を与えて隠ぺいしてますが、そもそも歴史を徹底的に隠すのは難しいでしょう。

しかし、空白の100年については世界中どこを探してもいまだに見つかりません。

これは、誰かが意図的に世界中の人の記憶を消していると思いませんか?

おそらく主犯は政府である可能性が高いでしょう。

政府は記憶を消す能力を保持していて、世界中に催眠をかけているのかもしれません。

その記憶を世界中の人が思い出したときのことを、おでんは「夜明け」と表現したと考えられます。

まだ、先の話になりそうですが、いつか世界に夜明けがくる瞬間を見届けたいですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ゲッコーモリアは黒ひげの仲間になった?

ルフィがワノ国に滞在中、世界では様々な出来事が起こっていました。

その中の1つが黒ひげとゲッコーモリアの対峙です。

世界会議4日目のとき、ゲッコーモリアは亡きアブサロムのために黒ひげを倒しにやってきました。

そこで黒ひげはゲッコーモリアに「おれの船に乗れ」と勧誘したのです。

仲間とやられたゲッコーモリアが仲間に加わるとは思えませんが、今の黒ひげにゲッコーモリアは適わないでしょう。

おそらくゲッコーモリアは半ば強制的に黒ひげの仲間になったと思われます。

ゲッコーモリアからすれば不本意極まりないですが、きっと脅迫されて仲間に加わったのではないでしょうか?

黒ひげにゲッコーモリアが加わったら、さらにパワーアップするだろうな。

ドンドン力をつけている黒ひげにも目が離せませんね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|カリブーは黒ひげとつながっている?

ワンピース前話で、久しぶりにカリブーが登場しましたね。

そこでワノ国にプルトンがあることを知り、「ある人」に報告しなければと話していました。

いったいカリブーの言う「あの人」とは誰なのでしょうか?

私の予想では、あの人とはズバリ黒ひげだと思います。

おそらくカリブーと黒ひげはつながっているのではないでしょうか?

すでにカリブーは黒ひげの傘下に加わっているかもしれません。

そして、四皇である黒ひげの目的が古代兵器を見つけることで、カリブーに情報を提供するように指示していたりして!

黒ひげならなりふり構わず奪いにやってきそう…。

しかも、古代兵器を奪ったらめちゃくちゃ悪用しそうですね。

私の予想がぜひとも外れていますように。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|キャロットは麦わらのルフィのためにワンピースを目指す?

モコモ公国の王になったキャロット。

まさかキャロットが王様に任命されるとはびっくりしましたよね。

果たして、キャロットはゾウたちとどこへ向かうのか気になりませんか?

おそらくキャロットはルフィたちのためにワンピースを見つける冒険に向かうのではないでしょうか?

モコモ公国にとってルフィは恩人中の恩人。

だからこそ、キャロットはルフィのために尽力を尽くすと思います。

そのため、いつでもルフィの元に駆け付けられるような場所にいるのではないでしょうか?

ルフィの近くにいるということは自然とワンピースに近づきます。

つまり、キャロットたちもおのずとワンピースを目指しながら移動するのかもしれません。

とはいえ、ルフィのように海賊王になるためではなく、あくまでキャロットはルフィのために目指すと思います。

いつかキャロットがワンピースに近づく秘密を発見し、ルフィの力になることを楽しみにしておきましょう。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|シャンクスの目の傷は黒ひげから受けたもの?

ワンピース前話では、久しぶりにシャンクスが登場しましたね。

覇気で緑牛を追い払うとは、さすが四皇は違うな〜。

そんなシャンクスですが、黒ひげとどんな因縁があるのでしょうか?

私の予想では、シャンクスの目の傷は黒ひげから受けたものだと考えます。

おそらくシャンクスは黒ひげとどこかで交戦したことがあるのでしょう。

表舞台には出ていないけど、きっとこの時の戦いはワンピースに関わる重要な事件だったんだろうな。

さらに深堀すると、もしかしたら「ヤミヤミの実」を奪い合っていたのかも!

その戦いの中で、黒ひげは卑怯な手でシャンクスに目の傷をつけたのかもしれません。

いつかシャンクスの目の傷の謎についても明らかになってほしいですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ウラヌスは政府が持っている?

ワンピース前話では、プルトンの謎が少しだけ明らかになりましたね。

そして、ポセイドンがしらほし姫であることも判明しています。

しかし、もう1つの古代兵器も忘れてはいけません。

その古代兵器こそ、ウラヌスです!

ウラヌスは名前は挙がっていたものの、どんな兵器で、どこにあるのかもまったく分かりません。

いったいウラヌスはどこにあるのでしょうか?

おそらく、ウラヌスはすでに政府の手に渡っていると予想します。

政府はウラヌスを管理し、都合の良いように動かしているのかもしれません。

もしかしたらウラヌスは記憶を消す力があったりして!

ウラヌスの効果で、世界中の人間から記憶を抹消し、空白の100年が生まれたのではないでしょうか?

きっとウラヌスを知る鍵は政府が握っているはず!

今後も政府の動きにも注目しておきましょう。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|黒馬テンセイは政府で最強クラスの実力者?

海軍犯罪捜査局の局長が明らかになりました。

その名も黒馬「テンセイ」!

この男も大将たちと同じ匂いがすると思いませんか?

おそらく黒馬もかなり強い部類でしょう。

海軍犯罪捜査局という機関も初めて登場しましたね。

正直、機関名だけでも強そうなオーラを放っています。

そんなお偉い機関の局長である黒馬は、もしかしたら大将以上の実力の持ち主なのかもしれません。

黒馬は政府の中でも最強クラスの実力者で、政府のトップに君臨していると思います。

いつか黒馬の能力や実力も明らかになってほしいものですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|青キジはオハラ跡地にいる?

大将緑牛が登場し、ふと気になったのが前任の青キジの存在です。

頂上決戦後、青キジは大将を辞めて現在どこにいるのか?

きっとただ放浪の旅をしているわけではないでしょう。

おそらく、青キジも歴史の謎について独自で調査をしていると思います。

青キジと関連が深い人物と言えば、サウロ!

幼いころ、オハラでロビンを助けた中将サウロとは親友でしたよね。

政府の力により、サウロはオハラで斃れました。

そんなサウロの遺志を青キジは継いだと予想します。

そこで青キジはオハラの跡地にいるのではないでしょうか?

オハラは地図で消えたものの、土地を全て消すのは不可能なはず。

青キジはオハラの跡地で歴史を知る材料を探していると思います。

いつか空白の100年の手がかりを得た青キジとロビンが再会することを期待したいですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ポーネグリフを世界中に散りばめたのは光月家?

ワノ国の中で、歴史を探るうえで欠かせない家系といえば光月家でしょう!

おでんの父である光月スキヤキはプルトンの在り処も知っていましたよね。

さらに光月家はポーネグリフに文字を掘った人物であることも分かっています。

つまり、光月家とポーネグリフは非常に馴染み深い関係性にあるのは間違いありません。

ということは、ポーネグリフを世界に散りばめたのは光月家である可能性が高いのではないでしょうか?

そもそもポーネグリフとは、歴史を消されないために残したものだといわれています。

そして、ポーネグリフを一か所に留めず、世界各地に散りばめたのもなにか意図があるはずです。

光月家は歴史を未来に紡ぐために石に堀り、世界中に散りばめたのかもしれません。

ルフィたちがワノ国にいる間に、光月家の正体が明らかになってほしいものです。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|妨害電波を送ったのはアプー&ドレーク?

ワンピース前話でCP-0と五老星の会話中に妨害電波が送られてきましたね。

あの妨害電波を送った人物について、みんな気になっていることでしょう。

CP-0の残党がマリージョアに戻ると知っているのはワノ国の結末を知っている人物だけ。

つまり、妨害電波を送ったのは今もワノ国にいると思われます。

これらを踏まえて考察するに、おそらくあの妨害電波を送ったのはアプー&ドレークなのではないでしょうか?

アプーはCP-0の態度に対してかなり怒っていました。

また、スパイであるドレークもCP-0に不信感を抱いていたように見えます。

それにアプーとドレークはいがみ合っていたものの、カイドウ戦ではなかなか息のあった戦いをしていましたよね。

そこでワノ国戦を終えた2人は、CP-0を倒すという目的が一致して行動に移したのではないでしょうか。

妨害電波もスパイのドレークなら可能でしょう。

アプーとドレークがCP-0を倒してくれたら助かりますよね!

CP-0を頼んだ!アプー&ドレーク!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ギア5にはリスクがある?

見事カイドウを討伐したルフィ。

まだ目を覚ましていませんが、すべてが終わって満足そうなルフィの寝顔が素敵ですよね。

とはいえ、カイドウ戦で何度も敗北したルフィにはそれなりの代償があるのではないでしょうか?

特に、ヒトヒトの実「幻獣種モデルニカ」を覚醒させた技ギア5には、かなり負担がかかっている気がする。

きっとギア5には命を削るようなリスクがあるのではないでしょうか?。

そもそもニカとは神の名であり、解放の象徴といわれている存在。

人間が神の名を名乗っているのは、考え方によってはかなり傲慢ですよね。

つまり、神の力を使った場合、相応のリスクがあってもおかしくないと思います。

いつもみたいにご飯を食べて復活してくれたらいいんだけど…。

ギア5のリスクは余計な心配であってほしいな〜。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|オロチの祖母がカイドウを操作した?

カイドウの過去が明かされ、特に怪しかったのがオロチの祖母らしきオババ。

そこで、オババは「いい話がある」とカイドウに持ちかけましたよね。

もしかしたら、オババがカイドウにワノ国へいって武器工場を作ろうと持ちかけた可能性もあるのではないでしょうか?

つまり、オロチの祖母がカイドウを操作したと解釈できます。

また、オババはオロチにもうまいこと言って復讐心を煽っていましたよね。

この仮説が当たっていたとしたら、オババこそワノ国を不幸にさせた元凶!

実は、あのオババはかなりの要注意人物なのかもしれませんね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ウォッカ王国は世界貴族に潰された?

ワンピース前話で、カイドウの生まれた国が明かされましたね。

その名は「ウォッカ王国」。

ウォッカ王国はどうやら戦争でお金を稼ぎ、天上金をわたして国を守っていたようです。

つまり、ウォッカ王国は世界貴族の奴隷であり、支配されていたと考えられます。

そんなウォッカ王国にうんざりしたカイドウは政治に使われるのを嫌い、国を飛び出しました。

その後、ウォッカ王国はどうなったのでしょう?

カイドウを渡せなかったウォッカ王国が世界貴族の逆鱗に触れたとしたら…。

世界貴族なら国を1つ潰すのも容易でしょう。

もしかしたら、ウォッカ王国は世界貴族に潰されている可能性もじゅうぶんにあり得ます。

今でもウォッカ王国が存続していたらいいんだけど…。

いつかルフィがいる世界の全容も見たいなぁ。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ガープはゴッドバレーでロックスを倒した?

カイドウがロックス海賊団に入ったものの、ある日突然崩壊しました。

そのきっかけはゴッドバレーで起きた戦いのようです。

しかも、その立役者はルフィの祖父ガープなんだとか!

いったいガープとロックス海賊団の間になにがあったのでしょう?

おそらく、ゴッドバレーにはワンピースにつながる秘密が隠されていたと思います。

ロックスはワンピースを探すためゴッドバレーを制圧しようとしたのを、ガープが阻止したのではないでしょうか?

きっとこの戦いは今回の天上決戦ばりに大きな争いになったんだろうな。

死闘の末、カイドウやビッグマムはなんとか脱出したものの、ガープが船長だったロックスだけは倒したのかもしれません。

もしかしたら、ガープが英雄と呼ばれたのも、このゴッドバレーの戦いがきっかけだったりして!

いつかガープの過去編も読んでみたいな。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルナーリア族がポーネグリフの文字を生み出した?

ルナーリア族であることが判明したキング。

そもそもルナーリア族ってかなり謎が多い種族ですよね。

わかっていることといえば、

  • 羽が生えている
  • 褐色の肌
  • 白い髪
  • 人々から神と崇められていた

ということくらい。

その中でも、なぜルナーリア族は神と崇められていたのかに注目!

おそらく、ルナーリア族はポーネグリフに書かれている文字を生み出したのではないでしょうか?

文字とは人間の文明の発展そのものですし、革新的な文化ですよね。

それを生み出したからこそ、ルナーリア族は神と呼ばれていたのかもしれません。

つまり、ルナーリア族であるキングもポーネグリフの文字を読めたりして!

兎にも角にも、ルナーリア族と空白の100年は深く関係していると思います。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジェルマ66とエネルが出会う?

本編も気になりますが、扉絵からも考察してみましょう。

現在、扉絵はジェルマ66とビッグマムファミリーが対峙しているところが描かれています。

そんなジェルマ66ですが、ホールケーキアイランド以外にも様々な冒険へ繰り出すでしょう。

科学力が秀でたジェルマ66なら、もしかしたら宇宙へと行くこともあるかもしれませんね。

そこで、同じく月へ向かったエネルと出会う可能性もあるのではないでしょうか?

エネルとジェルマ66は麦わらの一味と戦ったという共通点があります。

もし、エネルとジェルマ66が麦わらの一味の話題で意気投合したら?

麦わらの一味を倒すために協力し、一緒に研究を始めるかもしれませんよ。

エネルの雷とジェルマの科学力が合わさったらとんでもない力が生まれそうですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルフィは雷を操れる?

ワンピース前話のラスト、ルフィが雷を持ってカイドウに対峙していましたよね。

ゴムだから雷が効かないのはエネル戦で判明済み。

しかし、雷を持つなんて今までやったことなかったですよね!

これは、ルフィが悪魔の実の能力を覚醒させたことが原因だとみて間違いないでしょう。

確かにルフィがゴムなら雷に触れても大丈夫ですし、攻撃にも転用できるのは辻褄が合いますね。

つまり、覚醒したルフィはゴムの力を最大限に活かして雷までも操れるようになったのではないでしょうか?

ルフィは雷を自由自在にコントロールし、カイドウを倒すつもりなのかもしれません。

天候までも味方にするとは、さすがルフィ!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイになれなかったのはロックス?

カイドウが度々口にする「ジョイボーイ」という言葉。

ルフィに対して、「お前もジョイボーイになれなかったか」と発言したことを踏まえると、カイドウは今までジョイボーイ候補?だった人物と面識があるのではないでしょうか?

そういえば、カイドウがビッグマムと出会ったのはロックス海賊団でしたよね。

ロックスは容姿も性格もわかりませんが、ロジャーと戦ったこともある強者なのは間違いないでしょう。

というか、四皇になる人物を2人も率いていたのですから、強くないはずありません。

そんなロックス海賊団も、なぜか解体され、カイドウたちはバラバラになりました。

あんなに強かったロックス海賊団がバラバラになったのは、もしかしたらロックスがジョイボーイになれなかったからではないかと思われます。

ロックスもルフィと同様に過去の人物たちから期待されていたのでしょう。

しかし、ロックスはジョイボーイにはなれない大きな事件が起きたのかもしれません。

そして、それが原因で海賊団も解体され、カイドウは自分で海賊団を始めたと予想します。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|神の名を持つ者が声を聞ける?

モモの助やルフィはズニーシャのような巨大動物の「声」が聞こえますよね。

あの声を聞こえるのは、どうやら限られた人だけなのは確かでしょう。

今わかっているのは、モモの助、ルフィ、ロジャー、そして海王類と話せる人魚姫のしらほしが声が聞こえるようです。

この内、ルフィとしらほしは神の名を持っていることがわかっています。

つまり、神の名を持つことこそが巨大動物の声を聞く条件なのではないでしょうか?

まだ、ルフィとしらほしだけしか明らかになっていませんが、モモの助が神の名を持っている可能性は高いように思えます。

あの声もワンピースを知る上で非常に重要なはず。

いつかあの声が聞こえる人物たちが集結したらどんなことが起こるのか?

想像するだけでワクワクしますね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|フランキーの親はロックス海賊団のクルーだった?

ワノ国で少しずつ、物語の伏線が回収されてきましたよね。

きっと麦わらの一味たちは全員、ワンピースの謎に関わっているんだろうな。

その中でも、筆者はフランキーをピックアップ!

フランキーは海賊団の親に捨てられたところを、ウォーターセブンにいたトムさんに拾われたというエピソードでした。

親に捨てられたことをトムさんは笑い話にしていたし、フランキーも親に対する執着がなかったので、あまり深堀りされませんでしたよね。

しかし、フランキーの生い立ちも、実は重要な伏線になっているのかもしれません。

きっとフランキーの両親もかなり有名な海賊だったはず。

過去で有名な海賊団と言えば、ロジャー、白ひげ、ロックスでしょう。

この3つの中で、フランキーの両親がいたとしたらロックス海賊団である可能性が高いと思います。

レイリーや白ひげに会ったときフランキーの名前は一切出ませんでしたよね。

つまり、ロジャーも白ひげもフランキーの両親とは面識がないと推測できます。

そのため、消去法でいくとランキーの両親はックス海賊団にいた可能性がもっとも高いといえるのではないでしょうか?

この仮説が当たっていたら、カイドウたちとフランキーの親は仲間同士だったということ!

いや~これはぜひとも過去編をやってほしい~!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルフィはランブルボールを食べる?

ゴムゴムの実がヒトヒトの実であることがわかったときは驚きましたね。

ヒトヒトの実といえば、トナカイであるチョッパーも食べています。

そしてチョッパーの戦闘で用いられるのがランブルボール!

これは、もしかしたら同じヒトヒトの実を食べたルフィもランブルボールを食べるのではないでしょうか?

カイドウ戦では使用しないかもしれませんが、ルフィはいずれもっと強大な敵と戦うことになるでしょう。

その時に、ルフィがランブルボールを必要とするシチュエーションが出てくるのでは?

もしくは誤って、ルフィがランブルボールを食べたりして!

もし、ルフィがランブルボールを食べたらチョッパーみたいに七段変形するのかな〜?

そうなったら、絶対におもしろいと思う!

次は、ギア5ルフィよりもハチャメチャな事件を起こしてくれることを期待したいですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|チョッパーが食べたヒトヒトの実にもモデルがある?

ルフィがヒトヒトの実「幻獣種モデルニカ」であることがわかり、ヒトヒトの実にもモデルがあるんだとビックリしました。

たしかに動物系はモデルがあるんですから、ヒトヒトの実だってモデルがあってもおかしくないですよね。

ということは、チョッパーにもモデルがあるのかもしれませんよ?

ルフィのような幻獣種で神と崇められるような存在ではないものの、もしかしたら種族別で分かれていたとしたらおもしろいですよね!

例えば、モデル「ミンク族」とか、「魚人族」など種族別ならたくさん存在しています。

ワノ国ではルフィの能力がわかったので、ゆくゆくはチョッパーのモデルも明らかになってほしいなぁ…。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルフィは新しい形態変化をする?

ルフィが動物系だとわかり、ギア5に変形しましたよね。

いろんな顔芸がたくさんあってややこしいですが、ルフィが動物系だとしたら人型、人獣型、獣型の3つに変形するはず。

ギア5が人獣型だとしたら、いつかは獣型のルフィが登場するかもしれません。

人型はもともと人間だからナシになるのかな?

そのあたりは不明ですが、ルフィの形態変化はまだまだ発展途上!

つまり、ルフィはもっと新しい形態変化をして、パワーアップするでしょう!

これはカイドウ戦後の戦闘にも期待ができますね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルフィ&キッド&ローはラフテルで再会?

現在、四皇を2人も引きずり落とそうとしている最悪の世代たち。

キッド&ローはビッグマムを倒し、ルフィはカイドウを追い詰めていますよね。

もしルフィがカイドウに勝てた場合、3人の関係はどうなるのか気になりませんか?

筆者の予想では、おそらくキッドとローはルフィの仲間になると思います。

とはいえ、一緒に冒険をするわけではないでしょう。

キッドもローも自分の野望をしっかりと持っていますしね。

なので、戦争が終わったら、それぞれの冒険を再開するはずです。

ただ、みんなの最終目標は「ワンピースを見つけること」なのは変わりありません。

つまり、ルフィもキッドもローも結果的にたどり着くところは同じ。

ワンピースの在り処がどこにあるのかは不明ですが、グランドラインの最果てであるラフテルは避けては通れない島でしょう。

最終目標が同じであるルフィ&キッド&ローが再会するとしたら、やはりラフテルである可能性が高いと思われます。

ここまでの激闘で結んだ絆は離れていても、絶対に切れないでしょう!

ワノ国編が終わっても、キッド&ローにも目が離せませんね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|政府が歴史から消したいのはゴムゴムの実ではない?

ゴムゴムの実がヒトヒトの実モデル「ニカ」だと知っていた政府。

やっぱり政府はワンピースに関わる謎に詳しいですね~。

そんな政府がワノ国にやってきたのは「歴史からある悪魔の実を消したいから」。

ヒトヒトの実モデル「ニカ」だと判明し、ゴムゴムの実こそ政府が消したい悪魔の実だと思いますよね?

しかし、五老星は「ヒトヒトの実モデル「ニカ」は世界で最もふざけた能力」と言っただけでした。

あの描写で「消したい」と言わなかったのですから、おそらく政府が消したい悪魔の実はゴムゴムの実ではないと推測できます。

政府が歴史から消したいのはゴムゴムの実ではなく、別の悪魔の実だとすると一体どれなのか?

ヤマトかな~?それともオロチ?

もしくはロビンやチョッパーだったりして!

それとも、ワノ国には知られざる悪魔の実が隠されているのかもしれません。

とにかく、ワノ国にはワンピースにおける重大な悪魔の実があることは間違いないでしょう。

政府の動きにも目が離せませんね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|シャンクスはわざとルフィにゴムゴムの実を食べさせた?

ルフィが食べたゴムゴムの実が、実はヒトヒトの実モデル「ニカ」という衝撃的な事実が発覚しましたね。

政府が800年間も追い求めていたのですから、ゴムゴムの実は非常に貴重な悪魔の実。

そして元CP-0のフーズ・フーがゴムゴムの実を護送中に奪われたという話もありました。

奪ったのは、おそらくシャンクスでしょう。

そういえば、ゴムゴムの実をルフィが食べたことでワンピースという物語は始まったなぁ。

あの時は普通に思っていたけど、政府から無理やり奪ったゴムゴムの実をシャンクスはどうしてルフィの前に置いたのか不思議に思いませんか?

ルフィは知らずにデザートとして食べましたが、ゴムゴムの実が酒場に無造作に置かれていたことに違和感を覚えます。

あのシャンクスがそんな簡単なミスをするとは思えませんよね。

もしかしたら、シャンクスはわざとルフィの前にゴムゴムの実を置いたのではないでしょうか?

そして、ルフィがゴムゴムの実を食べるのを見届けたのかもしれません。

つまり、シャンクスはルフィにわざとゴムゴムの実を食べさせたのかも?

きっとシャンクスは、ルフィこそゴムゴムの実を食べるべきだと判断し、目の前に置いたと考えられます。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ヒトヒトの実モデル「ニカ」にジョイボーイの意志が宿っている?

五老星が発していた「動物系には意志が宿っている」という話も見逃せませんよね。

ズニーシャはジョイボーイが帰って来たと言っていましたが、ギア5を見るにルフィがジョイボーイに乗っ取られたようには見えません。

では、なぜズニーシャは「ジョイボーイが帰って来た」と発したのか?

五老星とズニーシャの話から推測すると、おそらヒトヒトの実モデル「ニカ」にジョイボーイの意志が宿っているのではないでしょうか?

800年前、ヒトヒトの実モデル「ニカ」の能力者はジョイボーイだったのでしょう。

ジョイボーイは死ぬ前に、ヒトヒトの実に自分の想いを込めたのだと思います。

その後、ルフィがゴムゴムの実を食べ、カイドウとの敗北をきっかけに悪魔の実を覚醒させました。

ヒトヒトの実を覚醒させたことで、ジョイボーイの意志も目覚めルフィの中に宿ったという流れじゃないかな?

戦いが終わった後、ジョイボーイの詳細が明らかになるのが楽しみですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ドラゴンとシャンクスは繋がっている?

ルフィと関係が深い人物といえば、シャンクスともう1人いますよね。

それは、ルフィの父親であるドラゴン

もし、この2人が実は繋がっていたらおもしろいですよね。

ゴムゴムの実がヒトヒトの実「ニカ」であることをシャンクスは知っていたのは間違いないでしょう。

そのことをシャンクスは真っ先にドラゴンに報告したかもしれません。

ドラゴンはルフィがゴムゴムの実を食べたと知ったとき、どんな気持ちだったんだろう?

きっとルフィみたいに嬉しそうに笑ったと思うな。

シャンクスとドラゴンの関係性も今後の見どころになってきそうですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイはシャンデア出身?

ワンピース前話で「解放のドラム」が鳴ったシーンで、筆者は重大な事実に気づきました!

みなさんは解放のドラムの音、覚えていますか?

それがコチラ★

「ドントットット♪ドントットット♪」

この解放のドラムの音って、実は空島でルフィたちが宴で鳴らしたものと同じなんです!

ルフィたちが冒険した空島は、神の国「アッパーヤード」という国で、地上にあった黄金都市シャンディアが空に飛ばされて現在は合体しています。

シャンディアは、モンブランノーランドをはじめロジャーも滞在したことがある島。

そして、シャンディアといえば戦士の国であり、太陽の神を信仰していましたよね。

これらを踏まえると、シャンディアって実はワンピースで非常に重要な意味を持つ島なのかもしれません!

もしジョイボーイがシャンディア出身だとしたら、解放のドラムが空島の宴で同じだったのも納得です。

シャンディアとジョイボーイはとにかく非常に関わりが深い可能性が高い!

このあたりも、近々明らかになってきそうですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|黒ひげは月の象徴?

さて、ワンピースの物語でちょこちょこと現れるキーワードといえば「太陽」。

ジンベエはかつて「タイヨウの海賊団」を結成していましたし、太陽の神、太陽の戦士ニカなど歴史を知るうえで「太陽」は非常に重要なのかもしれません。

そして、太陽の対極となる象徴といえば「月」ではないでしょうか?

まだ、「月」というキーワードは出てきていませんが、これから登場する可能性はじゅうぶんにあると思います。

そして、物語の主人公であるルフィとも関連付けてみると、ルフィの対極する人物といえば黒ひげティーチ

もしルフィが太陽の象徴だとしたら、黒ひげは月の象徴だと考えられます。

そういえば、黒ひげの食べた悪魔の実も「ヤミヤミの実」ですし、夜と関係している気がしませんか?

もしかした黒ひげは月が照らす闇の神として君臨するのかも?

ワノ国戦が終わったら「月」と「太陽」の謎についても明らかになってほしいな。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|Dは太陽の戦士の名残?

ワンピースの大きな謎の1つである「Dの意志」も気になりますよね。

主人公であるルフィ以外にもDとつく人物はたくさん存在しています。

特にポイントなのは、ワンピースの悪役であるティーチもDを持っていること。

他にもDとつく人物はたくさんいるので、すべてが血縁者だとは考えにくいでしょう。

では、Dのつく人物たちの共通点とはなにか?

おそらくDとは太陽の戦士の一族の名残なのではないでしょうか?

太陽の戦士は800年前に繁栄した種族の1つだと仮定。

そこで太陽の戦士は必ず名前の間にDとつけるしきたりがあったのかもしれません。

つまり、ルフィとティーチも元々は太陽の一族の子孫であり、その名残が現在にも息づいていると思われます。

このあたりの真相もジョイボーイが登場したことで近々明らかになったら嬉しいな。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイは亡霊?

800年前に生きていたとされるジョイボーイ。

まさかこんな形で現代に帰って来るとは予想外だったな~。

というか、ジョイボーイって実在する人間だと思っていたけど、この考えは違うのかもしれません。

だって800年前の人間が今も生きているのは普通ならありえませんよね。

実は、ジョイボーイというのは実体のない亡霊なのではないでしょうか?

ジョイボーイは800年前に死んだのですが、亡霊としてずっと世界を見ていたのかもしれません。

そして、ズニーシャのいう「解放のドラム」を皮切りに、ジョイボーイは800年の眠りから目覚めたと思います。

とはいえ、肉体は800年前に滅んでいるでしょうし、魂だけが目覚めたのかな?

この辺りはまだ謎が多いので、今後の展開を見ながら考察していきたいですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ルフィはラフテルでシャンクスと再会する?

さて、ワノ国戦も終盤に差し掛かり、次の展開も予想してみよっかな。

もし、ルフィがカイドウを倒したら、いよいよワンピースを見つけるために本格的に動き出しそうですね。

ワンピースの鍵を握る場所といえば、ラフテル!

きっとワノ国の後、ルフィたちはラフテルへの舵をきって冒険を始めると思います。

そして、ルフィにとって縁が深い人物であるシャンクスについても忘れてはなりません。

2人の再会がいつになるのかは筆者を含めワンピースファンはずっと気になっているでしょう。

おそらく、シャンクスとルフィの再会は、グランドラインの最果てにあるラフテルになるのではないでしょうか?

実は、シャンクスはすでにラフテルに向かっていて、もう到着間近なのかもしれません。

そして、ワノ国戦を終えた麦わら一行も少し遅れてラフテルに到着。

2人はワンピースの謎がわかるラフテルの中でも重大な場所で再会を果たすと思います。

できれば、ラフテル編ではシャンクスとルフィが一緒に共闘したり、冒険したりするシーンがあったら嬉しいな~。

ルフィとシャンクスの再会する日を心待ちにしておこっと!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイが王国を滅亡させた?

ワンピース前話では、モモの助がズニーシャが来ていることを知り、ヤマトに伝えたシーンで終わりましたね。

そこでズニーシャがジョイボーイの仲間であり、800年前に大きな罪を犯したというかなり気になるキーワードがありました。

特に気になったのが、ジョイボーイが犯した罪について。

いったいジョイボーイはどんな罪を犯したのでしょうか?

筆者の予想では、800年前に滅亡したと言われている「ある王国」が大きく関わっていると思います。

現在、世界のトップとは「世界政府」が統治していますよね。

しかし、800年前は「ある王国」がトップに君臨していたのでしょう。

現世界政府は、自分たちがトップになるため「ある王国」を潰したのではないでしょうか?

当時のジョイボーイは王国を守るため、命懸けで奮闘したはずです。

しかし、残念ながら現政府には敵わず敗北してしまったのでしょう。

ただ、王国を政府が潰したという事実が世間に広まれば、混乱を招くことは必至。

そこで、現政府は王国を潰したのをジョイボーイだと吹聴し、世間を騙したのではないかと思われます。

しかも、現政府は王国滅亡だけではなく、今まで現政府が行った悪行をすべてジョイボーイになすりつけたのかもしれません。

そのため、ジョイボーイは大きな罪人として扱われているのではないでしょうか?

もし、この予想が当たったらジョイボーイってほんと不憫すぎる…。

早く800年前の歴史の謎が知りたいよ~。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|五老星は800年前から生きている?

空白の100年の謎を知っている政府側の人間といえば五老星ですよね。

五老星は海軍たちに命令し、都合の悪い出来事を抹消しているようです。

最近ではある悪魔の実を歴史から消すためにワノ国にCP-0を派遣しました。

そんな五老星ですが、トップに君臨しているのはそれなりの理由があるはず。

これほど歴史に詳しいということは、もしかしたら五老星は800年前から生きているのかもしれません。

おそらく、レッドラインには長寿になれる秘密の「なにか」があるのではないでしょうか?

例えば、それは悪魔の実かもしれないし、長寿になれる成分が出る島なのかも!

つまり、五老星はレッドラインの恩恵を受けて800年前から生きていると考えられます。

それにしても、ほんと800年前はいったいなにがあったんだろう…。

この真相が明らかになるのは、まだまだ時間がかかりそうです。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ズニーシャは悪魔の実の能力者?

ワンピース前話のラストで、まさかズニーシャが登場するとは予想外でしたね。

ズニーシャは何百年も生きているミンク族の故郷を乗せた巨大な象。

いったいなぜワノ国へ現れたのでしょうか?

というか、そもそもズニーシャの正体が気になる!

おそらく、ズニーシャは特別な悪魔の実の能力で永らえてる人間なのではないでしょうか?

あれだけ大きいのは、実は巨人族だから。

巨人族は長生きする種族ですし、さらに悪魔の実の能力のおかげで何百年も生きているのかもしれません。

きっと悪魔の実の能力は「ゾウゾウの実」の象人間。

何百年も獣型で過ごしてきたのも、なにか理由があったりして?

そして、ワノ国に現れたのは、ついに獣型から人間に戻る時がやってきたのかもしれません。

ズニーシャが人間になったらどんな姿なのかも、今後の見どころになりそうですね!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|シャンクスはジョイボーイの息子?

ワンピースの重要キャラの1人シャンクス。

最近ではゴムゴムの実を政府から強奪したことで、名前が出てきましたよね。

また、カイドウの口からちょこちょこ出てくるジョイボーイも気になる人物。

そんな2人が実はかなり深い縁を持っていたらどうだろう?

例えば、シャンクスはジョイボーイの息子だったりしたらおもしろいと思いませんか?

ジョイボーイの顔は明らかになっていないものの、シルエット的に麦わら帽子は被っていたようです。

そして、シャンクスも幼いころから麦わら帽子をかぶっていましたよね。

あれは、もしかしたらジョイボーイから託されたものだったのかもしれません。

また、ロジャーがシャンクスに「なにか」を告げた時に号泣したシーンもありました。

あれは、父親であるジョイボーイに関する内容だったとも考えられます。

シャンクスは父親のジョイボーイの悲しい過去を知り、涙を流したのではないでしょうか?

それに、シャンクスが航海をしている理由も、父親の遺志を引き継ぎ、隠された歴史を知るために世界中を回っていると思います。

このあたりは、ストーリーがもっと進まないとわかりませんが、当たらずとも遠からずじゃないかな?

これからシャンクスが再び登場するのを心待ちにしておこう~♪

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|太陽の神ニカはウソップの血縁者?

あまり大きく触れられていませんが、ワンピースの中では「太陽の神」というワードがちりばめられています。

最近で言えば、フーズ・フーがジンベエと戦った時に太陽の神「ニカ」が奴隷を救ってくれたという伝説の話がありましたね。

また、過去を遡ると、エルバフや空島のときにも「太陽の神」が崇められている描写がありました。

これらに共通しているのは全て「戦士」であること。

戦士といえば、ウソップがずっと憧れている存在ですよね。

これまでの戦いでウソップも戦士として相応しい男になってきました。

これらの伏線から予想するに、もしかしたらウソップは太陽の神ニカの血縁者である可能性もあるのではないでしょうか?

もちろんウソップは過去のことなど一切知りません。

ただ、ウソップが戦士に惹かれたのは、自分の中の「戦士」の血が反応したと考えられるといえるでしょう。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|五老星はゴムゴムの実を歴史から消したい?

ワンピース前話で見逃せなかったのは、やはり五老星の会話でしょう!

どうやらある悪魔の実は世間から消したいらしく、別の名前があるのだとか。

いったい五老星はどの悪魔の実を指しているのか?

筆者の予想では、おそらく世間から消したい悪魔の実はルフィが食べた「ゴムゴムの実」ではないでしょうか?

ゴムゴムの実は、政府が護送していたときにシャンクスが奪ったもの。

シャンクスがそこまでしたということは、ゴムゴムの実はかなり重大な意味を持っているはず。

つまり、ゴムゴムの実こそ政府にとって抹消したいのかもしれません。

ゴムゴムの実に別の名前があるとしたらなんだろうな〜?

実は「ポセイドン」みたいに、神の名前がついためちゃくちゃカッコいい名前なのかも!

あ〜早くこのあたりの真相を知りたいな〜!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ナミの母はグランドラインの島にいる?

ゾロの生まれ故郷シモツキ村とワノ国がつながったことを考えると、実は東の海とグランドライン後半の国々は関係性が深いのかもしれません。

そういえばナミも戦争中孤児になり、ノジコに拾ってもらったという過去があります。

しかも、ナミは孤児になったものの、母親が死んだという情報は出ていませんよね。

つまり、もしかしたらナミの母親は生きていてグランドライン後半の島にいる可能性もあるのではないでしょうか?

ナミの母親は戦争中、どうしても娘を手放さなければ事情があったとしたら?

もしくはナミの母親は誰かに連れ去られてしまい、現在グランドラインのある島にいるのかもしれません。

ワノ国編が終わった後の旅でこういったストーリーが浮上したら絶対おもしろいですよね!

ナミを産んだ母親なら確実に美人だろうな〜♪

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイはゴムゴムの実を食べていた?

ルフィが食べたゴムゴムの実。

そういえば、悪魔の実は唯一無二の能力ですが、能力者が死んだら復活すると噂されています。

これはワノ国で黒炭オロチを支えた爺と婆が「マネマネの実」と「バリバリの実」の能力者であったことからして間違いないはず。

つまり、ルフィが食べたゴムゴムの実も昔、誰かが食べていた可能性も高いのではないでしょうか?

果たして、その人物とは誰なのか?

筆者の予想では、ジョイボーイがゴムゴムの実の能力者だったと思われます。

カイドウもルフィを見て

「お前もジョイボーイになれなかったか…。」

と言っていましたよね。

おそらくカイドウはジョイボーイがゴム人間であったことを知っていたのかもしれません。

だからこそルフィをジョイボーイに重ねて見ていたのではないでしょうか?

つまり、ゴムゴムの実は歴史を変えるべき人物が手にする能力ということ!

やはり、ルフィがゴムゴムの実を食べたのは運命だったのかもな~。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイはルフィの祖先?

ギア5に覚醒したルフィ。

ズニーシャがルフィの覚醒のタイミングで「ジョイボーイが帰ってきた」と言ったのでルフィにジョイボーイが乗り移ったと思いませんでしたか?

しかし、ワンピース前話でルフィはしっかり自我がありましたよね。

つまり、ルフィ=ジョイボーイである可能性は限りなく低くなったとみていいでしょう。

ただ、ルフィがジョイボーイとまったく関係がないとは思えません。

筆者の予想では、ルフィの遠い祖先がジョイボーイなのではないでしょうか?

ジョイボーイは800年前に存在していた人物で、歴史に大きく関わっているはず。

そんな過去の重要キャラであるジョイボーイの遺伝子をルフィは受け継いでいるのかもしれません。

ジョイボーイとルフィの関係性も早く明らかになってほしいものです。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|トキとズニーシャはジョイボーイの仲間?

800年前から生存しているズニーシャはジョイボーイの仲間であることは間違いないでしょう。

もし、ジョイボーイも海賊団だったとしたらズニーシャの他に仲間がいてもおかしくないですよね。

では、ジョイボーイの仲間とは果たして誰なのか?

筆者の予想ではジョイボーイの仲間とは、ずばりトキ

トキは未来からやってきた女性で、おでんの妻でしたよね。

カイドウとオロチのせいでトキは殺されてしまいましたが、もともと生まれた時代が800年前である可能性はじゅうぶんにあり得る話。

もしかしたら、トキはズニーシャやジョイボーイと共に800年前に海賊として冒険をしていたのかもしれません。

そして、なにか大きな事件が800年前に起こったのでしょう。

未来へ行ける能力を持つトキは、仲間であるジョイボーイから生きるために未来へいくように言われたと予想します。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ヒトヒトの実とジョイボーイはつながっていない?

ワンピース前話では、カイドウがギア5ルフィを見て動揺の色がうかがえました。

カイドウはルフィは超人系だと思っていたのに、形態変化が動物系でパニックになったのでしょう。

つまり、カイドウはゴムゴムの実がヒトヒトの実「幻獣種モデルニカ」だとは知らなかったということ。

とはいえ、カイドウは今までジョイボーイという名を頻繁に出していましたよね。

それを踏まえると、カイドウとジョイボーイにはなにか深い関係があるはずです。

ジョイボーイをよく知るカイドウが、ヒトヒトの実を知らなかったのですから、ヒトヒトの実とジョイボーイはつながりはないのかもしれません。

では、ジョイボーイはどこにいるのか?

このあたりの真相は、もう少し先に分かりそうですね。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|モモの助は古代兵器?

鬼ヶ島を墜落させないよう、モモの助も奮闘しています。

赤鞘九人男たちは、モモの助は光月おでんの息子であり、大将だから死なせたくないと考えているようですが、当の本人も「死んではいけない」と認識しているようです。

では、いったいなぜモモの助は絶対に死んではいけないのか?

その答えは、モモの助自身が古代兵器だからだと予想します。

おそらく、古代兵器は何百年に一度しか現れない貴重な存在。

それが一斉に目覚めている今は奇跡的な出来事なのかもしれません。

もしモモの助が命を落としたら、次に古代兵器の覚醒が重なるのは数百年の月日を要するはず。

モモの助はおでんの手記で、自分の役割を知ったからこそ「死んではいけない」と認識したと思います。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|東の海に滅びた王国があった?

ワノ国に入ってから、ルフィの生まれた東の海が非常に重要な場所だったように思います。

東の海で起こったことといえば、

  • シャンクスが滞在していた
  • ロジャーが生まれた町ローグタウンがある
  • ローグタウンにドラゴンがいた
  • ワノ国出身のゾロの故郷シモツキ村がある
  • ルフィがサボとエースと出会ったゴア王国がある

などなど、並べてみるとワンピースの謎を握っている人物や国がたくさん存在しますよね。

つまり、東の海ではワンピースの歴史に迫る事件があったとしてもおかしくありません。

もしかしたら、東の海には800年前に世界政府が滅ぼしたといわれる王国があったりして!

だからこそドラゴンやシャンクスが東の海を訪れていたとしたら…?

これはもう一度東の海に戻る可能性もゼロじゃないかも!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|麦わら帽子はDのリーダーが受け継ぐ?

ルフィといえば、麦わら帽子ですよね!

麦わら帽子はシャンクスから預かった大切なもの。

そして、麦わら帽子は昔から受け継がれていたような描写があったのを覚えていますか?

そういえば、海賊王ゴール・D・ロジャーも麦わら帽子を被っていましたよね。

もっと言えば、政府にもなぜか麦わら帽子が厳重に保管してありました。

これらの伏線を回収すると、麦わら帽子もワンピースの中で非常に重要なアイテムといえます。

ルフィ、ロジャーの共通点といえば名前に「D」がついていること。

Dはいろんなキャラに付いていますが、Dの中でもリーダー的な人物が麦わら帽子を被っていたのかもしれません。

つまり、ルフィはDの意志のリーダー的存在なのかも。

Dの意志を色濃く受け継いでいる者に麦わら帽子は託されていると予想します。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ラフテルはゴムゴムの実の能力者しか行けない?

グランドラインの最果てにあるといわれる「ラフテル」。

いったいどんな島なのか気になりますよね〜。

筆者がワンピースを読み返していく中で、ラフテルらしい島を発見したんです!

それは最悪の世代の1人ウルージが冒険中に訪れた島。

そこは名前もなく、常に雷が放出されていました。

あの島こそ、実はラフテルだったのではないでしょうか?

ウルージは島を発見したものの、結局滞在できなかったようにうかがえます。

もし、あの島がラフテルならゴムゴムの実の能力者以外上陸することができません。

つまり、ラフテルはゴムゴムの実の能力者しか行けない島だと予想します。

この予想が当たっていたら、ラフテルに行けるのはルフィしかいない!

まだまだ先の話ですが、想像するだけでワクワクしちゃうな~♪

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ジョイボーイは太陽の神「ニカ」?

ジョイボーイはワンピースにおける超重要人物なのはほぼ確定ですよね。

そういえば、カイドウだけでなく、ロジャーもジョイボーイのことを語っていたな〜。

いったいジョイボーイとはどんな人物だったのか?

筆者の予想では、ジョイボーイは昔太陽の神「ニカ」として崇められていたのだ思います。

太陽の神とは、人々を苦難から救う戦士だといわれていましたよね。

つまり、ルフィが敗北した今のこの状況こそ最大の苦難と解釈できます。

また、ルフィが意識を取り戻したところで「ニカッ」と笑ったのも太陽の神ニカである伏線とも見えますよね。

つまり、ジョイボーイは太陽の神「ニカ」だった可能性が非常に高い!

と言っても本当に神様なのではなく、周囲から呼ばれていただけで本人は意識していなかったのかも。

太陽の神ニカがジョイボーイだとしたら、ワンピースの謎が一気に解明される予感!

ルフィもいよいよその境地に達したということになるのかな?

ジョイボーイとルフィの関係性も気になるよ~!

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|キングと太陽の戦士は親族?

太陽の戦士というキーワードが出てきて、一気にワンピースの核心に近づいてきたような気がしますね。

そして、ワンピースの歴史において、もう1人謎に包まれている人物といえばルナーリア族の生き残りであるキングでしょう!

そういえば、キングはかなり特殊な体質の持ち主でしたよね。

また、800年前はみんなから「神」と崇められていたといわれています。

もしジョイボーイが太陽の神だとしたら、同じく神と崇められていたルナーリア族となにか深い縁がある気がする。

おそらく、キングと太陽の戦士は親族なのではないでしょうか?

太陽の戦士の中でも、ジョイボーイは太陽の神として君臨していた至高の種族だったりして!

そして、太陽の戦士の血筋から派生したのがルナーリア族なのかもしれません。

きっと昔はルナーリア族以外にも太陽の戦士の親族はたくさんいたのでしょう。

しかし、800年前の「ある事件」で太陽の戦士に関わる種族はすべて絶やされたと予想します。

800年前の事件はワノ国編が終わってからわかるかな?

あ~想像するだけでワクワクしちゃう♡

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ズニーシャはタイヨウの冒険家だった?

さて、ズニーシャとジョイボーイが仲間であることはワンピース前話で判明しましたよね。

あの時は大海賊時代ではありませんでしたので、2人は冒険家として海を渡っていたのかもしれません。

他にも仲間はいたでしょうが、ズニーシャとジョイボーイもルフィみたいに冒険を楽しんでいたんだろうな~♪

そんなズニーシャも乗っていた冒険団の名前が「タイヨウの冒険団」だったとしたら…?

そう!

ジンベエが以前所属していた海賊団の名前も「タイヨウの海賊団」なんです!

おそらくタイヨウの海賊団は、ジョイボーイが作った「タイヨウの冒険団」にあやかって名付けたのかもしれません。

タイヨウには「自由」と「解放」を象徴していると、ジンベエが語っていましたよね。

解放というキーワードは、ワンピースにとって大きな意味を持っているはず。

そして、ジンベエにはまだ語っていない秘密の過去があると思います。

もし、ズニーシャとジンベエが対面したら、どんな会話が繰り広げられるんだろう?

このあたりも今後の注目ポイントになるだろうな。

 

ワンピース1062話ネタバレ考察|ロジャーが大海賊時代を作ったのは800年前の歴史を暴くため?

ワンピース前話で、ビッグマムが敗北する直前にロジャーとのやりとりを振り返っていましたね。

たしかにロジャーが死ぬ直前に、ワンピースの存在を示したことがきっかけで大海賊時代が始まったんだよなぁ。

いったいなぜロジャーはわざと大海賊時代を始まらせたのか?

これは、ロジャーがグランドラインを制し、800年前の歴史をすべて知ったことが要因だと予想します。

ロジャーは800年前の歴史をすべて知ったものの、自分の命の限界も悟っていました。

そこで、ロジャーは次の世代に、800年前の歴史を世に伝える役割を託したのではないでしょうか?

800年前の歴史において、重要なカギを握っているのが世界政府の存在。

世界政府は800年前の歴史を抹消するために、裏工作しているようなシーンが要所要所で描かれていますよね。

ロジャーは世界政府が消し去りたい歴史をどうしても世に伝えたいと感じたのではないでしょうか?

そしてゆくゆくは世界政府を討伐できるような人間が現れることを信じ、この世を去ったと思います。

ロジャーの冒険ももっとたくさん描いてほしいなぁ。

 

ワンピース1062話ネタバレ確定の見どころ!

次に、最新のワンピース1062話で起こるであろうネタバレを考察してみましょう。

ワンピース1062話の見どころや確定しそうな内容を紹介します。

過去のネタバレも含まれますので、そのあたりはご了承くださいませ。

それでは、最新のワンピース1062話の確定ネタバレの見どころを見ていきましょう!

 

ワンピース1062話ネタバレ|見どころはルフィの新たな冒険!

ワンピース前話では、ルフィたちがジュエリー・ボニーに遭遇したところで終わりましたよね。

つまり、ここからはいよいよ麦わらの一味たちの冒険がメインで描かれるでしょう。

ジンベエも加わって大所帯になった麦わらの一味たちは、ジュエリー・ボニーがいた暖塊流によってバラバラになってしまうかもしれません。

誰と誰が一緒になるのかは不明ですが、メインになるのはやっぱりルフィでしょう!

最新のワンピース1062話は、そんなルフィの新しい冒険が始まるのではないでしょうか?

ルフィと同行するのは、新キャラであるジュエリー・ボニー!

ジュエリー・ボニーやほかの仲間たちと、いったいどんな冒険を繰り広げるのか?

この辺りが、最新のワンピース1062話の大きな見どころになってくると予想します。

 

ワンピース1062話ネタバレ|ジュエリー・ボニーの目的が見どころ!

突然、海から登場したジュエリー・ボニーにはびっくりしましたね。

どうやらジュエリー・ボニーが単独でここへやってきたのは、なにか目的があるみたいです。

その目的が最新のワンピース1062話で明かされるかもしれません!

ジュエリー・ボニーは、政府の奴隷にされたバーソロミューくまと繋がりがありました。

つまり、ジュエリー・ボニーはバーソロミューくまの仇を討つために単独で行動したのかもしれません。

もしくは、ワンピースの謎に近づく重要な手がかりを求めてやってきたりして!

どちらにせよ、ワンピース1062話ではジュエリー・ボニーの目的が判明するはずです。

少しずつ物語が進んでいく過程がおもしろすぎてたまりませんね!

 

ワンピースの伏線回収と今後の展開予想!


いよいよ最終章に足を踏み入れるといわれているワンピース。

まだまだ明かされていない謎や回収されていない伏線がありますよね。

そこで、今まで描かれてきたワンピースの謎に迫る伏線を少しずつご紹介します!

伏線回収をしながら、今後の展開を予想してみましたので、ご覧くださいませ。

 

ワンピースの在り処はフーシャ村?

未だにどこにあるのかわからないワンピース。

そもそもワンピースという存在がどんなものなのかも不明ですよね。

いったいワンピースの在り処はどこなのでしょうか?

おそらく、ワンピースとはお金やお宝といった「物」ではないと思います。

ワンピースとは空白の百年で失われた「歴史そのもの」ではないでしょうか?

そして、ワンピースの最終的な在り処はルフィの生まれ故郷フーシャ村にあるのかもしれません。

フーシャ村といえば、シャンクスも訪れた村ですし、村長もなにか大きな秘密を知っていた様子でした。

それにルフィはドラゴンの息子であり、「D」のイニシャルも持っています。

本人はあっけらかんとしていますが、ルフィはワンピースの謎に近い人間の可能性が高いでしょう。

そんなルフィの生まれ故郷ならワンピースがあってもおかしくないのではないでしょうか?

つまりフーシャ村こそワンピースの在り処なのかもしれません!

いつか、ルフィが仲間を連れてフーシャ村に戻ってくることを期待したいですね。

 

黒ひげは奴隷だった?

今後のルフィたちの大きな障壁になるえる相手といえば、黒ひげでしょう。

黒ひげは白ひげのクルーであり、シャンクスとも因縁の深いであろう人物です。

まだまだ謎が多くてわからないことばかりですが、今回は黒ひげの出生についてをピックアップしてみました。

黒ひげは幼いころに白ひげに「一緒の船に乗りたい」と自ら交渉しています。

白ひげが、ただの少年を海賊の船に乗せるとは思えませんよね。

おそらく黒ひげには白ひげが船に乗せるべきだと判断するような壮絶な生い立ちがあったのかもしれません。

その生い立ちとは、ズバリ黒ひげは奴隷だったのではないでしょうか?

もしかしたら黒ひげが生まれた国は、身分で人生が左右される国だったのかもしれません。

その中でも黒ひげは特に非道な扱いを受けていたと思われます。

白ひげは、そんな差別のある国を良しとせずナワバリにして統治したはず。

統治した後、黒ひげは国から脱出するために白ひげの船に乗りたいと交渉したのではないでしょうか?

黒ひげの生い立ちも、ワンピースの中で重要なエピソードになる予感!

今後の展開を楽しみに待っておきましょう。

 

ワンピース1062話ネタバレまとめ

「ワンピース1062話ネタバレ確定最新話考察速報!イム様はルフィ激似?虚の玉座にシャンクス弟が鎮座?」

もしかしたらイム様はルフィに激似だったら、めちゃくちゃ面白いと思いませんか?

イム様はまだ目だけしかわからないから、いろんな想像しちゃうな~。

もしルフィにそっくりなら、いつかルフィと対峙したとき、どんな反応を示すんだろう?

また、パンゲア城にある虚の玉座には、シャンクスの弟が鎮座しているのかもしれません。

ロジャーと話してシャンクスが泣いたのは、虚の玉座に弟がいることを知ったからではないでしょうか?

この仮説が当たっていたとしたら、虚の玉座には相当なリスクがあるとも考えられます。

話が進むにつれて、どんどん謎が深まるワンピースの沼から抜け出せないよ~(≧▽≦)!

考察しどころ満載のワンピース1062話は、次週休載により10月11日(火)に掲載予定ですよ!

というわけで、今回の「ワンピース1062話ネタバレ確定最新話考察速報!イム様はルフィ激似?虚の玉座にシャンクス弟が鎮座?」はここまで!

日々、最新ワンピースネタバレ確定・考察・感想を追記していきますので明日もお楽しみに。