僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ374話ネタバレ!荼毘&エンデヴァーが対面!ワープゲートからトゥワイス2体が出現!

ヒロアカ ネタバレ 374話 最新 考察 確定 感想
Pocket

『ヒロアカ374話ネタバレ!荼毘&エンデヴァーが対面!ワープゲートからトゥワイス2体が出現!』

こちらの記事では、ヒロアカ374話の感想と考察をお届けいたします。

アメリカのニュース番組によると、轟一家の家族争いで日本列島に巨大積乱雲が発生し気功に影響を及ぼしているそうです。

身内争いの結果が巨大積乱雲というのは次元が違いすぎて驚くばかり!

さて黒霧のワープゲートが解放されたことで、荼毘はエンデヴァーの元へ一瞬で向かいました。

久しぶりに荼毘&エンデヴァーが対面したわけですが、これから親子対決に突入する予感がします!

しかもワープゲートはもう一つ出現したんですよね。

こあらかじめ計画されていたことなのかもしれませんが、そこは謎です。

厄介なことに、このワープゲートからトゥワイス2体が出現しました!

まだエンデヴァーはオールフォーワンを倒しきれていないのに、荼毘とトゥワイス2体を相手にしないといけないなんてキツすぎます。

予想外のことが起こりまくって思考が追い付きませんが、これこそがヒロアカの醍醐味じゃないかと。

この記事は、2022年11月28日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ374話のネタバレ感想と考察をお届けしていきたいと思います!

ヒロアカ374話のネタバレについても、順次更新していきますのでお見逃しなく!

 

ヒロアカ374話ネタバレの考察!

今回はヒロアカ374話についての考察をしていきます!

前回までのヒロアカのストーリーを考慮しつつ、以下のような内容を考察。

  • デクVS死柄木弔戦が始まる?
  • トガヒミコが雄英校舎に乱入?
  • 天空の棺システムが機能停止?
  • エンデヴァーに荼毘が敗北?

オールフォーワンが倒れても死柄木弔との戦いが始まる可能性はあります。

死柄木本体は暗黒面に相当沈んでいますからね。

また別の戦場でお茶子達と対峙しているトガヒミコですが、デクに対する執着心は凄まじい様子。

場合によっては、トガヒミコが雄英校舎に乱入する展開にもなるんじゃないかと!

雄英校舎といえば、あのオールフォーワンの動きを制限出来る天空の棺システムは物凄い技術。

ですが所詮は機械でもあるので、絶対に天空の棺システムが機能停止に追い込まれないとも限りません。

もう一つ気になることと言えばエンデヴァーに恨みを持つ荼毘。

何やらパワーアップしてますが、エンデヴァーも同様なので逆に敗北することもあるでしょう。

それでは早速、以上の内容を考察していきますよ!

 

ヒロアカ374話ネタバレ|エンデヴァーに荼毘が敗北?

轟焦凍に倒されたはずの荼毘は復活し、エンデヴァーの居る戦場に向かっている様子。

まだエンデヴァーへの恨みは消えていないようなので、確実に2人はぶつかるでしょう。

しかしエンデヴァーも対オールフォーワン戦で、これまでの迷いが吹っ切れて強くなってます。

復活版荼毘が相手でもそう簡単にはやられないはず。

いや寧ろエンデヴァーに荼毘が敗北しても不思議ではありません。

一時はあのオールフォーワンに一方的に攻撃を繰り出していましたからね。

親子対決があるなら、エンデヴァー有利な展開になり荼毘が敗北する事態も有り得るなと思いましたよ。

 

ヒロアカ374話ネタバレ|デクVS死柄木弔戦が始まる?

「デクと死柄木って既に戦ってるんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが…。

現在デクが戦っているのはオールフォーワンに支配された死柄木です。

いずれはオールフォーワンが倒され、体の主導権を取り戻した死柄木々弔とぶつかることがあるはず!

つまりオールフォーワン戦の後に、デクVS死柄木弔戦が始まると予想。

デクは死柄木を救ってみせると言っていましたよね。

しかし育った家庭環境プラス能力に目覚めてしまった死柄木の心は、オールフォーワンが支配しなくとも既に濁りきっています。

その濁りきった心を取り除く為の戦いは、まだ後に控えている可能性もあるのではないでしょうか?

最終的には死柄木弔の中にいる志村転弧を、救い出してくれるでしょう。

 

ヒロアカ374話ネタバレ|トガヒミコが雄英校舎に乱入?

デクをしつこく追いかけようとしたトガヒミコ。

現在はお茶子達が前に立ちはだかっていますが、絶対にその包囲網を突破されないとは限りません。

なので今後トガヒミコが雄英校舎に乱入する可能性も、あるのではないでしょうか?

そもそもトガヒミコは既にデクの血を手に入れています。

それを使用してデク自身に変身出来るなら、お茶子達が動揺した隙に逃げ出すことも可能じゃないかと予想。

トガヒミコにはトゥワイスの血もあるので、デクを再び追いかけ雄英校舎に乱入する手段も持ち合わせているはず。

お茶子とのやり取りも胸熱ですが、やはりデクと最後まで対決しているところも見てみたいなと思いました。

ヒロアカ374話ネタバレ|天空の棺システムが機能停止?

強力な電磁バリアが張り巡らされ、個性「崩壊」の伝播を防ぐ装置まで備わっている天空の棺システム。

物間寧人が発動した「抹消」も加わっている状態なので、死柄木はここから脱出出来ないでいます。

しかし天空の棺はあくまでも超高性能なシステムです。

場合によっては天空の棺システムが機能停止に追い込まれる事態も発生すると予想。

例えば情報工作・解析が得意なスケプティックが、天空の棺の弱点を発見するかも!

そして特殊な能力持ちが弱点を攻撃し、機能停止に繋げてくる可能性もあるでしょう。

どんなに高性能なシステムでも、弱点のないものなんてありませんからね。

 

ヒロアカ374話ネタバレ確定の見どころ

ここからはヒロアカ374話の見どころを紹介していきます!

ヒロアカ後半戦も徐々に終盤に近づいているように見えますが、まだ登場していないヒーローはどの程度いるのでしょう?

やはり未登場の海外ヒーロー達の活躍も見てみたいですよね。

アメリカだけに絞っても、スターアンドストライプ以外にまだ戦力になるヒーローは少なくないはずです。

また黒霧が復帰したのは厄介ですが、このまま操り人形のままで終わるとは限りません。

イレイザーヘッド・プレゼントマイクがいる限り、白雲朧の記憶を取り戻す可能性は僅かでもあるでしょう。

今回は海外ヒーローの活躍と白雲朧の記憶回復に絞って、見どころを解説していきますね。

 

ヒロアカ374話ネタバレ|見どころは海外ヒーロー達の活躍!

海外ヒーローと言えば、世界中にはまだまだ戦力となり得るヒーロー達がいるはず。

例えばアメリカならスターアンドストライプがNo.1ですが、未登場のプロヒーローも少なくないでしょう。

ということで、海外ヒーロー達の活躍は間違いなく今後の見どころになるのではないでしょうか?

仮にデクや雄英の皆が窮地に陥っても、海外から助っ人が続々と賛成してくれば心強いこと間違いなし!

実はスターアンドストライプレベルのプロヒーロー達は、世界中に複数散らばっていた。

なんてことも考えられるので、彼らが参戦すれば一気にヴィランを追い詰めることが出来るでしょう。

 

ヒロアカ374話ネタバレ|見どころは白雲朧の記憶が完全回復するかどうか!

イレイザーヘッド・プレゼントマイク・白雲朧の3人は、かつて固い絆で結ばれていました。

それが脳無となった今では、再び黒霧としてヴィランに復帰してしまう事態に!

但し過去に僅かではあるものの、記憶が戻ったことがあったので、再び3人の絆が見れる可能性も!

白雲朧の記憶が完全回復するかどうかは、今後の見どころの一つと言えるでしょう。

個人的には黒霧のまま倒されて終わるとは考えられないです。

やはり最終的には、イレイザーヘッド・プレゼントマイクと仲間だった頃を思い出すのではないでしょうか?

3人トリオの絆シーンをもう一度見てみたいですよね。

 

ヒロアカ374話ネタバレ感想

場面はお天気キャスターの女性が、異常な気功変動が発生していることを伝えているところから始まります。

轟一家が引き起こした巨大積乱雲は、日本のみならず世界に広がりつつある様子。

強いのは結構ですが、気功に影響を及ぼすまで家族喧嘩を激化させるなんて、考えようによっては迷惑な話ですよね。

ちなみにこのお天気キャスターの女性は、オールフォーワンというたった一人の人物に世界が蹂躙されていくのが、我慢ならないと訴えていました。

番組サイドはCMを入れてカモフラージュしようとするも、時既に遅く彼女の発言は広く伝わることに。

なかなかこんな思い切った発言は出来ないと思うので、このお天気キャスターは人気が出るでしょう。

さて日本神野区では倒れた荼毘が灼熱の炎に包まれて復活!

人間というよりはもう地獄の番人のような恐ろしい姿をしていて、エンデヴァーの元に飛んでいこうとしました。

そんな荼毘を見ていた轟焦凍は、どうすることも出来ずに酷く動揺。

生きていること自体が不思議なぐらいの状態なので、無理もありません。

なんとか引き止めようとするも、荼毘の前にワープゲートが出現し、その場から消えてしまいました。

結局荼毘はワープしてエンデヴァーの目の前に出現してしまったのです。

もう「なんてこった!」という感じですが、事態はこれだけに収まらず…。

デクVS死柄木戦が行われている雄英校舎には黒霧が、そしてエンデヴァーVSオールフォーワン戦が行われている場所には、荼毘に加えて2体のトゥワイスが出現。

あの時スピナーがセントラル深部に到達していなければ、違った結果になったかもしれません。

ですが時既に遅く、黒霧のワープゲートはヒーロー側を不利な状態へと追いやっています。

オールフォーワンはこうなることを分かっているような口振りでした。

悪の帝王も追い詰められてきたのでここまでかと油断していたら、やはりオールフォーワンは侮れませんね!

 

ヒロアカ374話ネタバレに対するSNSの反応は?

今週のヒロアカは、ヴィラン側に大きな動きがあり見どころ満載ですよね!

SNSの感想を見てみると、やはり黒霧と荼毘が復活し、トガヒミコがトゥワイスの血を使用した?ことを気にする人が多い印象です。

果たして黒霧は敵として復活した後、最終的に味方になることはあるんでしょうか?

あったら良いですが、今は黒霧の意識を取り戻してしまったので難しいかも…。

またトガヒミコは確かにトゥワイスの血を持っていましたね!

ですがそれを使用して2体のトゥワイスを生み出したのか、若しくは自分自身が彼に変身したのかは謎!

この辺りに煮え切らない印象を持つ人がいたのも、今回のストーリーの様子から見て不思議なことではないでしょう。

誰かが死んでしまう展開になるのは出来れば避けたいところですが、そのほうがドキドキはすると思いますよ。

とはいえ新たな犠牲者が出ることなく、出来れば巻き返してもらいたいですよね。

次回のヒロアカはどうなるのか非常に楽しみです!

 

ヒロアカ374話ネタバレまとめ

『ヒロアカ374話ネタバレ!荼毘&エンデヴァーが対面!ワープゲートからトゥワイス2体が出現』

と題し、ヒロアカ374話ネタバレ感想と考察を紹介しました!

普通なら荼毘&エンデヴァーが対面したのは感動的なはずですが、どう見ても緊迫した状況でしたよね。

ただワープゲートを通って現れた荼毘は、エンデヴァーのことを「お父さん」と呼んでいたのが気になるところ。

何故そう呼んでいたのかは分かりませんが、今までの流れから恐らくそこに父親への愛はないのではないでしょうか?

さて今回はワープゲートからトゥワイス2体が出現したことも衝撃的でした。

もしトガヒミコがトゥワイスと融合していたら、彼女は消滅してしまったのか気になります。

いや…そもそもトガヒミコは別の戦場でお茶子達と対峙していました。

別の何かという可能性もありますが、この辺りの予想は難しいところ。

可愛らしく人気のあるキャラですし、個人的にはトガちゃんがそのままの状態で再登場してくれることを願っています。

では、11月28日(月)掲載『ヒロアカ374話ネタバレ!荼毘&エンデヴァーが対面!ワープゲートからトゥワイス2体が出現』はここまで!

ヒロアカ374話の考察内容を整理して、ネタバレ考察は随時更新するのでお楽しみに!

※ヒロアカ374話発売日の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!