僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ372話ネタバレ!障子目蔵が異形達の暴走を制止!スピナーが黒霧に到達!

ヒロアカ ネタバレ 372話 最新 考察 確定 感想
Pocket

『ヒロアカ372話ネタバレ!障子目蔵が異形達の暴走を制止!スピナーが黒霧に到達!』

こちらの記事では、ヒロアカ372話の感想と考察をお届けいたします。

今回のヒロアカは障子目蔵が大活躍していました。

暴徒化した異形達は誰にも止められないぐらいの勢いでしたが…。

なんと障子目蔵が異形達の暴走を制止することに成功したのです。

やはり同じ異形故に苦しみ抜いた過去があるだけに、説得力がありますよね!

一方スピナーが黒霧に到達しましたが、本当にスピナーは黒霧奪還作戦を一人で遂行するつもりなのか?

スピナーという人物は意外と繊細な心を持っていると思うんですね。

障子の説得次第では、スピナーも心変わりしないとも限りません。

この記事は、2022年11月7日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ372話のネタバレ感想と考察をお届けしていきたいと思います!

ヒロアカ372話のネタバレについても、順次更新していきますのでお見逃しなく!

次週のヒロアカは休載です

 

ヒロアカ372話ネタバレの考察!

今回はヒロアカ372話についての考察をしていきます!

前回までのヒロアカのストーリーを考慮しつつ、以下のような内容を考察。

  • ステインがスピナーと敵対
  • 雄英校舎が大爆発で戦場が混乱
  • 記憶が回復した黒霧が加勢

といった感じにまとめてみましたよ!

ヒロアカに脇役なんて居ないと言われているように、敵も味方もじっくりとスポットが当てられています。

障子が明かした過去はキツいものですが、スピナーも闇が深そうです。

彼らだけじゃなく荼毘とエンデヴァーの親子の関係も、過去の因縁があり非常に不安定。

毎回実に様々な人間ドラマが展開されて目を離す暇がありません。

それでは早速ヒロアカ372話ネタバレ考察を見ていきましょう!

 

ヒロアカ372話ネタバレ最新考察|ステインがスピナーと敵対?

スピナーはステインの思想に、異常なまでに共感しているヴィラン幹部。

しかしステインはスピナーのことをどう思っているのでしょう?

オールフォーワンの指示に流されてばかりのスピナーに、あまり良い印象は持っていないとも考えられます。

それにステインはデクを助け出したり、オールマイトを励ましたりと、ヒーローに味方するような場面も少なくありません。

オールフォーワンの駒、超常解放戦線の都合の良い神輿のスピナー。

それに比べて見返りを求めず自己犠牲を厭わないヒーロー達は、確実に増えてきていますよね。

ステインがスピナーと敵対するのも、時間の問題だと言っても不思議ではないんじゃないでしょうか?

スピナーが尊敬する人物として、ここは「いい加減にしろ!」とカツを入れてほしいものです。

そうすれば考えることをやめたスピナーが、障子の言葉の意味を考えるきっかけになるんじゃないか!

 

ヒロアカ372話ネタバレ最新考察|雄英校舎が大爆発で戦場が混乱?

デク達将来のプロヒーローの学びの舎であり、ヒーロー達の重要拠点でもある雄英校舎。

もし雄英校舎が大爆発したら確実に戦場が混乱するのではないでしょうか?

しかも、あそこには避難民や教師・生徒達が残っていますからね。

どうやって大爆発が発生するかですが、頭脳明晰なオールフォーワンならそんな恐ろしい指示を出していても不思議ではありません。

雄英に密かに潜り込ませていた間者が、大量の爆弾を仕掛けていた。

若しくはわざわざそんなことをしなくても、「爆発」の個性で遠隔から雄英に大爆発を発生させてしまうかも!

ヒーロー側にとって最大の重要施設を爆破・破壊されるのは痛手なはずです。

 

ヒロアカ372話ネタバレ最新考察|記憶が回復した黒霧が加勢?

黒霧のワープ能力は、ヴィラン側にとって奪還作戦を実行するほど貴重。

作戦が成功するかしないかで、VSヴィラン戦の状況は大きく変わります。

では実際にどうなるか?

恐らく記憶が回復した黒霧がヒーロー側に加勢する展開になるのではないでしょうか?

以前イレイザー・ヘッドとプレゼント・マイクが必死に説得して、一時的に白霧の記憶を取り戻したことがありますよね。

仮に奪還作戦が成功しても後から白霧だった頃を思い出し、突然ヴィランに対して反撃に出ても不思議ではありません。

そのほうが物語的にも熱い展開になるでしょう。

 

ヒロアカ372話ネタバレ確定の見どころ

ここからはヒロアカ372話の見どころを紹介していきます!

ヒロアカは確実にラストに近づいていますが、一人一人にじっくりとスポットが当たっているのがグッド。

これまで謎だった障子目蔵の過去が明かされました。

次はスピナーの過去も同じように明かされるのでしょうか?

また、デクの強さは本当に2代目の個性を使用した時点で限界に到達したのかも気になります。

今後の見どころとなりそうなことを挙げたらキリがないので、今回も2つだけピックアップしていきますよ!

 

ヒロアカ372話ネタバレ見どころはヒーローランキング廃止の有無!

ランキングのメリットは、ヒーロー同士が互いに切磋琢磨し、ヒーローという存在を広く国民に浸透させることが出来る点。

しかし上位になると物凄い重圧に耐えなければなりません。

これまでのヒーローだってそれに耐えきれなかった人もいたはず。

となると終戦後は、ヒーローランキング廃止の有無の議論があっても不思議ではないわけです。

仮に廃止になれば余計なプレッシャーから解放され、世の平和の為の活動に専念出来る。

但し、刺激があることでより良い結果を出せると考えるヒーローにとって、ランキングの廃止は論外でしょう。

そういった事情もあるからこそ、もしヒーローランキング廃止について議論する展開になれば、今後の見どころの一つになると考えました。

 

ヒロアカ372話ネタバレの見どころはデクの強さの限界点!

2代目の個性を発動した上、それを全てのワンフォーオールと上手く絡み合わせて、オールフォーワンを追い詰めたデク。

見た限りはこれがデクの強さの限界点にも思えました。

しかし本作最強の敵が本当にあと僅かで倒されるのかは疑問。

各戦場においても厄介な敵が少なからず残っていますからね。

場合によってはデクのワンフォーオールは、まだ進化する余地があるのではないでしょうか?

つまりデクの強さの限界点には更に上があるとも考えられます。

決して根拠のあるものではありませんが、そうなれば更にワクワク出来ること間違いなしです。

 

ヒロアカ372話ネタバレの感想

障子と口田の戦いぶりを見たプレゼント・マイクは、彼らは自分達が三バカトリオだった時より強いと発言。

プレゼント・マイクの言う通り、個性は世代を渡る毎に強くなるのは本当のことでしょう。

ワンフォーオールの継承者となったデクが良い例です。

さて障子と口田の攻撃は、スピナーを吹き飛ばせるほど強力なものでした。

ここで障子はスピナーに「一体お前は何を守るんだ?」と問い質します。

固い鱗に覆われ巨大化したスピナーが単なる破壊者なら許さない!という強い意志を障子から感じましたよ。

続けて暴徒化した異形達の説得を試みる障子。

異形達は差別された辛い過去があるものの、普通の人にはない恵まれた力がある。

それで何を守りたいんだよ!?復讐者になったら今度はお前達の子供が狙われることになるのが分からないのか!

というような熱いことを話していました。

しかし彼らを率いるスピナーは、過去に受けた苦しみは消えることはない、ヒーローが勝つ限り異形の生きづらい世の中は続くと断言。

だからこんな生き方しか出来ない!ヒーローに勝つしか道はない!

スピナーの声に反応し、彼の後に続き研究棟へと向かう同士達。

研究棟への道を進みながら、スピナーはオールフォーワンが言っていたことを思い出します。

黒霧に会ったらオールフォーワンか死柄木の声を聞かせ、ヴィランだった頃を思い出してもらえ。

彼の持つワープ能力がこの戦いを終結へと導く鍵になる。

ここまでがオールフォーワンからスピナーへの指示でした。

やはりオールフォーワンは黒霧奪還が、第二次決戦の勝利に大きく貢献すると思っているようですね。

スピナーは死柄木についていけば何かが変わると思ってきたから、ここまで来たんだと自分に言い聞かせます。

そしてスピナーの後ろには沢山の同士の姿が…あれ?

黒霧の拘束されている部屋はすぐそこだというのに、後ろにはプレゼント・マイクしかいなかったのです。

スピナー本人が知らないうちに、障子が異形暴徒達を説得していたんですね。

やはり悪いことをすれば逆に恨みを持たれ、子供が狙われることだってあると障子が言ったことが伝わったのでしょう。

自分だけならともかく、家族まで巻き込みたくはない。

彼らに良心の欠片が残っていたのはグッド。

暴徒化した異形市民の対応はこれで良しとして、スピナーはただ一人黒霧の拘束されている部屋に到着。

いや、スピナーの後ろにはプレゼント・マイクの姿もあります。

さあ黒霧、そしてスピナーはどうなるのでしょう。

 

ヒロアカ372話ネタバレに対するSNSの反応は?

コメントにあるように、今週のヒロアカも激熱で少しも目を離すことは出来ませんでしたね!

前回に続き障子VS異形市民のシーンが流れていましたが、洗脳の恐ろしさがよく伝わってきました。

自ら考え判断するのではなく、周囲に合わせる同調主義の雰囲気が蔓延していると、その傾向に陥りやすいと思います。

ただそんな暴徒化した市民を前にしても、一歩も引かずにきちんと怒れる障子が最高にカッコいい。

現実世界で同様のことがあったら、なかなか障子のような行動力は発揮出来ないでしょう。

さてたった一人になっても任務を遂行しようとするスピナー。

彼に障子の説得は効果がなかったわけですが、恐らく心情は複雑なのだと思います。

ヒーローを勝たせて何になる?暴力を使ってでも革命を起こさないと世の中は変わらない。

辛い境遇を送ってきたからこそ、歪んだ考えに辿り着いたスピナーは一体どうしたいのか?

荼毘やトガヒミコ、死柄木だって同様です。

ヴィランだって憎めないからもどかしい…まさにその通り。

それぞれが何らかの形で救われることを祈るばかりです。

 

ヒロアカ372話ネタバレまとめ

『ヒロアカ372話ネタバレ!障子目蔵が異形達の暴走を制止!スピナーが黒霧に到達!』

と題し、ヒロアカ372話ネタバレ感想と考察を紹介しました!

暴徒化した群衆を現実に前にしたら、あたふたして何も出来なくても不思議ではありません。

だから、障子目蔵が異形達の暴走を制止したシーンは衝撃的でした。

一歩間違えれば自分にも危害を加えられるかもしれないのに、物凄い勇気と覚悟だと思います。

間違いなく今回のことで障子の株は上がったでしょう。

一方スピナーが黒霧に到達したものの、その場には黒霧のかつての友人だったプレゼント・マイクの姿も。

命令を遂行したいスピナーと白霧の記憶を取り戻させたいプレゼント・マイク。

次回は2人のやり取りが中心になるかもしれませんね。

では、11月7日(月)掲載『ヒロアカ372話ネタバレ!障子目蔵が異形達の暴走を制止!スピナーが黒霧に到達!』はここまで!

ヒロアカ372話の考察内容を整理して、ネタバレ考察は随時更新するのでお楽しみに!

次週のヒロアカは休載です

※ヒロアカ372話発売日の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!